エンジニア☆エンジン

未経験からのエンジニア転職・エンジニア就職を挑戦する人たちへ

エンジニアのカジュアル転職の理由って、周りのエンジニア・CTO・ディレクターをリスペクトできないからしても良いと思う。

f:id:einginner-carry:20170512210811j:plain

こんにちは、25歳で未経験からエンジニア就職したエンエンです。

 

エンジニアのカジュアル転職って、選択肢に入れておくのも良いなと思ったので、お伝えしておきます。

 

一つの方向性として、覚えておいてもらえれば嬉しいです。

 

1. エンジニアのカジュアル転職の理由 

f:id:einginner-carry:20170507133002j:plain

ブラック企業はブっ潰すべきだけど、価格に合わない要求をする消費者がブラック企業を生みだしていると感じる方は多いかもしれません。

 

けれど、消費者がブラック企業を生み出す元凶かと思いきやそうでもなくて、

 

『企業が価格競争のためにコストカットして、下請けがサビ残で価格を下げて、そしたら家計に行くお金も少なくなって給料低くて、みんなが日本をブラック企業化』している事が元凶なんです。

 

人間扱いされない激務の中で働いていると、自己肯定感も低下してしまって、何ヶ月もやる気が壊滅的になくなって、エンジニアなのに提示業務以外はボーッとして無能感が増してくるはずです。

 

僕もブラックSE出身で、夜中の有明近くでマジで泣いてたので、この気持ちが本当に分かります。

 

上司(上長)にも同僚にも無理ゲーだ!こんなのおかしい!と、辞めたいと伝えているけど、なんか引きとめられていて、そのままにしてしまいがちです。

 

エンジニアの不幸アピールな気もするけど、ダラけた日常から抜け出したくても抜け出せない辛い日々と、何となく生きれちゃう現状が、既に蟻地獄な感じなんです。

 

システム開発でも同じ気がして、上流要件はいつまでも決まらないクセして、決まったぜ!なんて時には納期は変わらず品質重視で納品を求められるデスマ確定とかね。

 

もはや蟻地獄を生み出すためにシステム開発プロジェクトがあるとしか思えない。

 

贅沢に慣れちゃって過剰なサービスを求める消費者も企業も似たようなもんで、社会人になったから腐ってしまったのかもしれないけど、大事なのは他力本願じゃなくて、自分で自ら動く事ですよね。

 

ベンチャー企業系のエンジニアなら年収アップとかでカジュアルに転職しているし、これ以上考えるのを諦めるエンジニアになんかなりたくないです。

 

そう考えていると、周囲の環境に辟易するくらいなら、次の選択肢を選ぶ必要性ってあると思うんですよね。


最近だとAI(人工知能)開発に関する求人がWantedlyで多いし、C+とかJavaの友人がPythonで転職したんですよね。未経験だったんですけど。

 

もしかしたらAI開発関連への転職も考慮に入れていく時代が、エンジニアの常になるかもしれません。

 

2. 『キャリアアップのために転職したい』と考えているエンジニアはどうすればよいか?

f:id:einginner-carry:20170521054131j:plain

20代〜30代くらいのエンジニアの場合は、年収アップ・家族(お子様とお嫁さん)のために早く帰りたい・仕事の質をもっと高めたいと感じている人は多いはずです。

 

今回は、以前知り合いのエンジニアにどうやって年収を1.5倍にしたのかを聞いたので、書いておきます。

 

また、仕事が辛いと感じていて、転職したいと考えているかたの一助になれれば幸いです。

 

話を聞いた知り合いのエンジニアはC / C++がメインのエンタープライズ系エンジニアで、バックエンドも強いタイプでした。なので、正直フリーランスでも大手でも行こうと思えば行けると本人は言っていました。

 

ひとまず、その人をAさんとします。

 

Aさんはまず、転職する場合はゆっくりと「堅実な上位企業 or まともなホワイト企業」にいく事を前提とするべきで、可能なら夏ボをもらってからとも言っていたので、転職時期としては8月〜9月ごろだったとの事です。(夏のボーナスの意

 

そして、フリーランスも考えていたので、レバテックフリーランスという転職エージェントを利用しつつ、エンジニアなら大抵は利用する業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービスに登録したと言っていました。

 

僕はWorkPort(未経験向け)やマイナビ転職(一般向け)とかを使ってた口なので、レバテックは知らなくて、周囲のエンジニアとかプログラマーにも聞いたんですが、知らない人ばかりでした。

 

本当にあるのか?と疑問だったのでLPを見てみて、あー本当にあるんですね。と納得したくらいです。

 

その後にAさんはDODAで転職エージェントと話をして、大手企業のもう少し年収が高くなる、つまり1.5倍程度にはなるところに転職しました。

 

ただし、Aさんの場合は職場で主に使っていた言語ではなく、新たにPythonを使いたくて、将来的にAI(人工知能)関連へと転職したい言っていたので、そこまで年収は気にしていないとの事でした。

 

最近だとトヨタがAI(人工知能)関連の募集をしていたりもするので、AI関連を志望する人は多いみたいですね。

 

Aさんが言っていて特に記憶にあるのは、DODA転職サービスでは非公開求人も多く、エンジニア向けの大手企業に対する転職案件も他の転職サービスよりも多いとの事なので、オススメだという点です。

 

エンジニアとして新たな転職先を求めている方は、DODA転職サービスがオススメです。

 

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス