読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニア・プログラマーは転職を入社何年目でするべき?

f:id:einginner-carry:20170505161122j:plain

ブラックすぎて辛い職場環境、労働時間に比例して増えるタスク、使えないバカ上司、なんて状況だと転職を考えてしまいます。(ブルゾンちえみみたいですね....

 

3年間は会社から評価されるまで働くべき。良い先輩の技術をしっかりと見て学ぶ。若手なんだから頑張るべき。などなどいつ転職すれば良いの?なんて分からない方も多いはず...

 

転職は転職を決意した瞬間がいちばんとも感じますが、そもそも決断出来ないし、決断材料を集めるのが面倒だしそんな時間は無いわけです。

 

今回はエンジニア・SE・プログラマーが入社何年目で転職をするべきかをお伝えしていきます。

 

SPONSORED LINK

 

新卒入社1社目で3年間働くって...そういうもの?

f:id:einginner-carry:20170418214709j:plain

新卒入社した場合は1社で3年間は働いた方が良い傾向にあります。

 

新卒社員の場合は最初の1年間ってお金を稼いでいなくて、労働する人というよりかは仕事を覚える為の人として企業が雇用している場合が多いです。

 

お金を1円も稼いでいない訳ではなく、収益獲得の為の小さな仕事から少しずつ理解し、覚えていくからお金を稼いでいる人のお手伝いをしているイメージです。

 

1年目は仕事始め、2年目でようやく仕事の型が出来るようになり、3年目である程度自由に仕事をし始める時期と考えると良いですね。

 

これが転職組エンジニアだとしても最低でも1ヶ 月〜2ヶ月程度はシステム開発の各自企業のルールを覚えたり、Ruby => Javaに言語が変われば仕様を勉強してある程度理解する時間が必要となります。

 

その後に技術力を認められたり、信頼を仕事を通じて獲得する事で徐々に上長クラスの仕事の役割を求められる事も増えていくでしょう。

 

ただし!1年〜2年程度で転職を選んでしまうと、プログラミングの基礎・基本がグラついたままのピラミッドのような状況で別の職場で再度やり直す必要が生まれます。

 

だからこそまずは状況を考えながら3年は働いた方が良いんですよね。

 

でも...ですね。転職をしてはいけない訳ではないのです。

 

重要なのは技術者としての能力をあげて市場評価を高めつつ、社会の必要性を満たす仕事を出来るようになる事です。

 

何も同じ企業にぶら下がり続けて同じ技術しか使わないエンジニアを目指そうという訳ではありません。

 

未来を感じ、成長できるならその職場を選べ!

f:id:einginner-carry:20170418070058j:plain

どんな言語を利用するのかにもよりますが、技術者として成長を実感出来て、新しい技術にもキャッチアップ可能な状況が続くならその企業で働くと良いですね。

 

エンジニア(技術職)は技術を学習し続ける事で自身の価値を高める職業ですから、勉強していて新しい知見を得られているならいた方が良いでしょう。

 

ですが、愚痴をどっかに書き込んでしまう程に職場が合わないから、考え直した方が良い結果に結びつきやすいです。

 

愚痴をどっかに書いていたのは少し前の僕...なんですが、結局勉強する暇もなくよくわらないままにコードを書いていて、でも動くし!なんか動くし!とりま動くし!なんて阿鼻叫喚な地獄な業務実態の中で、何にもフォローの無い中で働いて訳ですよ。地獄ってあの状況を意味していると思います。

 

それ以外にも仕事がつまらない給料が低いバカ上司にメンヘラ同僚がいるなどこの職場は良くないと感じる価値観は色々とあると思います。

 

そんな状況ならば、やはり技術を学べるか?技術者として成長できるかを考えられる職場かどうかで考えるメソッドを用意するのが良いですね。

 

仕事に対して自分がやる意義を感じるか?

f:id:einginner-carry:20170418204307j:plain

今はJavaを扱っているけど、スタートアップでも良いからRubyRailsを使ってみたいとか、職場がいつまでも言語仕様変える気も無さそうだし、変化が欲しいと感じるなら、それは仕事に対して自分がやる意義を見いだせていない。

 

ならば、仕事に対して熱意を持てる企業を探すメソッドが重要です。

 

人でも企業でもそうですが、メッセージを投げないとこちらの意図している事を理解してくれる事なんて全く起きません。

 

気持ちや思い、辛いと感じる状況を行動に変えて、メッセージを発信して始めて相手に伝わるのです。

 

ですので、エンジニア・プログラマーが転職を考えるなら3年間は修行と考えつつ、これは修行先としては微妙な職場だな...と感じるようなら転職へと行動を移しましょう。

 

この時に考えるべきは変化する意識テストする気持ちで転職サイト / 転職エージェントを利用する意識を持つ事です。

 

どの転職媒体が転職先を選ぶのに適しているのか?

f:id:einginner-carry:20170505161435j:plain

転職サイト・転職エージェントと色々と転職先を探す方法はありますが、どれも一長一短でこれが1番!という転職媒体はそんなにありません。

 

ですが、これ使うのダメでしょ...というのはあります。それらをお伝えしますね。

 

レバテックキャリアの転職エージェントを使い倒せ!

レバテックキャリアの転職エージェントが応募先候補の選出 => 面接日程の調整までしてくれます。

 

こちらから何もせずにあれよあれよと自動的に進むシステムです。現在なら好景気で売り手市場な技術職層ですから狙い目です!

 

レバテックキャリアではレバレジーズという企業がシステム開発担当をしている為に現場仕事の事もよく理解したスマホ系・Web系の面白そうな求人情報を提供してくれています。それにヒカ☆ラボというIT系勉強会を主催したり、teratailというプログラマー専用質問サイトも運営しているので、かなり好感度大です!!

 

渋谷に近いからかレバレジーズは美人さん担当者が多いんですし、サイトナビゲーターに女優の杏さんを器用していますから綺麗な人だらけなんです。

 

なので、レバテックキャリアの企業サイトで美人な転職担当者さんやナビゲーターの杏さんを見てください。本当に杏さんがいる...!と思うはずです。

 

フリーランス志望なら、@agentを使えば良い!!

@agentの場合は業界最大レベルの転職案件を保持しているので、技術レベルや自分の将来性を考えた案件を探しだせるので、おすすめでうs。

 

これは!と思える仕事が見つけたらその仕事先に応募をして、職場の人の面談してOkならば業務委託契約を結んでお仕事スタートです。

 

自分が使いたい技術を使ったプロジェクトに入れて、会社員の頃よりも面白い仕事が出来る傾向が強いですし、自分がしたいプロジェクトを選べるのが良いですね。

 

特に転職コーディネータの能力が極めて高く、丁寧な対応と無理な案件への提案をしない辺りもオススメな理由のひとつです。

 

フリーランス志望なら@agentで転職する時に分からない事や知りたい事、そしてクローズドな企業情報を手に入れましょう!