エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

エンジニア・プログラマーの日常業務で技術力が身につかない。もしかしたら「圧倒的経験値の少なさ」から「技術的劣等感」を感じ続けていませんか?

f:id:einginner-carry:20170804194342j:plain

こんにちは、25歳で未経験からエンジニア就職したエンエンです。

 

エンジニア・プログラマーとして働いている場合、常にお手本となるリーダーや先輩から指導を受けると「圧倒的な経験値の少なさ」から「技術的劣等感」を感じることがある若手の方も多いはずです。

 

また、中堅程度のエンジニアなら、外部の勉強会に参加した時に自社以外の「エンジニア・プログラマーとの話についていけないこと」もあるかもしれません。

 

もし、技術力を高めるなら、今働いている会社ではないのではないか?と強く感じているなら、今回のお伝えする内容を、ぜひきいておいてください。

 

 

1. 実務レベルのコードを土台にした技術的な成長実感が湧かない日々

中堅〜一部上場、大企業で働いているエンジニアなら、今の企業はそこまで嫌いじゃなく、業務内容や企業それ自体は好きで、受け持っている業務も楽しい方も多いと思います。

 

ただ「自分自身の技術力を高めるなら、この企業ではないと強く感じている方」いると思います。

 

日常業務をこなしているのに、欲している技術力が身につかず、成長している実感を得られないことで生活自体が苦しいと感じている人も実は多いです。

 

コーディングをせずに外部のフリーランスに送る仕様書を書いて、その為の技術的なリサーチ(調査)をしていて、何ヶ月間もコードを書かない時期もある人も、大手から一部上場程度の企業ならザラにいます。むしろ多くくらいです。

 

そのような現状で、大学で情報工学やプログラミングの経験も少なく、業務でも技術的進歩の実感を得られないと「圧倒的な経験値の少なさ」から「技術的劣等感」を持つ可能性が十分にあり得ます。

 

自分自身で業務時間外に勉強をするのと、実践レベルで企業でコーディングしていくのでは雲泥の差がありますし、経験値が少ないと感じてしまうとどうしても積極的に勉強会にも参加できず、負のサイクルに陥ってしまいます。

 

そんな時はQiitaでもGithubでも良いので、何かしらのAPI・ライブラリを作ってみると少しは焦燥感から逃れられます。

 

でも、転職を少しでも考えているなら、むしろ外部に情報発信するよりも自社プロジェクトに参加をする意思を見せた方が得策です。

 

早め早めの行動が、高い転職市場価値を獲得することにつながります。

 

2. 知識・経験のないエンジニアは、仕事ができなくなる

エンジニアに求められるのは、技術を使って顧客の問題を解決することです。

 

もしも知識・経験がないまま過ごしてしまい、仕事をしようとすることで、その場その場を切り抜けるだけの曖昧な仕事をするようになってしまいます。

 

目の前の相手の要求をただ満たすだけでは、次の成果に繋がりません。

 

特に知識不足の人には、次の2つの問題があります。

 

定量的に学習する習慣がない

・学習方法が悪く、仕事にアウトプットできていない

 

学習習慣をコツコツと継続できなければ得られるものも少なく、また効率的に学習する方法も見つけることができません。

 

真面目に仕事に取り掛かろうとしても、結果が伴わないから評価されずに終わってしまいます。

 

その場合は、仕事環境を根本から見直すか、一定期間気合いを入れて知識と経験を獲得できるようにする必死になる必要があります。

 

もしも職場環境を変えるなら、早い方が得策です。

SPONSORED LINK