エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

エンジニア未経験の27歳男性がPG職(プログラマー)で『転職』した方法

f:id:einginner-carry:20170507133002j:plain

こんにちは、エンエンです。

 

25歳〜28歳程度から業務未経験なのにシステムエンジニア(SE)・プログラマーを目指していますか?

 

その境遇は本当に『逆境』で、適性検査でバカ高い点数叩き出したり、自分ひとりでガリガリとコーディングをしていたくらいの素養が必要です。

 

今回は、エンジニア未経験の人間がプログラマー職として『就職・転職』できた時のお話をお伝えします。

 

 

1. なぜ『25歳〜28歳』でエンジニア・プログラマーを目指しづらいのか?

f:id:einginner-carry:20170521054848j:plain

25歳〜28歳程度で転職をしたいと考えているエンジニア・プログラマーは、新卒で約5年程度は業務経験を積んだ使える会社員として扱われ、転職先企業のさらにお金を生み出す人材として再雇用します。

 

彼らはブラック企業から逃げるために転職をしたり、新たな技術に挑戦しなければならないという強迫観念にも近いモチベーションでキャリアップを目指します。

 

つまり、25歳〜28歳程度で転職しようとしている同い年の技術者は、そのぐらいのスタンスで行動していて、さらに上位の安定した企業を目指しています。

 

ですが、エンジニア未経験で大学生の時にプログラマーのアルバイトをして、プログラムに触った事もない。

 

まして高校や大学が文系だった場合に『あなたが転職を希望している企業の面接官なら、どうしますか?』

 

恐らく、これはダメだろうな。と面接だけしてお祈りメールをエンジニア未経験の相手に送ります。

 

これが、基本的な25歳以上のエンジニア未経験者が体験する境遇です。

 

1.5. 未経験からの転職で『わからないことがある事実』を認める

プログラミング初心者の場合は、大抵みんなが同じところでコケて分からないところが出てきます。

 

なので、わからないことはGoogle検索して「自分で問題を設定して、解決してみてください。

 

職業エンジニアをするなら、Google先生から検索する能力が極めて重要です。 なぜなら、コーディングしている時に生じる問題・ケースは、各自の解決パターンをGoogle検索で探した方が早いからです。

 

もし、先輩や同僚に聞くまででもないけど、わからないことがあってプログラミングに関する質問がしたいならエンジニアにタダで質問ができる「Teratail 」を使ってください。

 

その時は、仕事でプログラマーの先輩に質問する気分で、真剣に問題を考えた上で分からないことを聞いてみることを強くオススメします。

 

質問の仕方が上手じゃないと、ここはこういう風に聞いているのですか?と、こちらの質問の意図や背景も親切に聞いてくれるので安心して疑問を解決できます。

 

2. でも...IT業界にいけなかったら絶対に将来後悔すると感じませんか?

f:id:einginner-carry:20170506070847j:plain

ぼくは未経験でプログラマーに就職できました。

 

そのときに感じていたのが、エンジニア職なんて受かりっこないという気持ちです。

 

自分がエンジニアになった姿が全く想像する事ができなくて、怖いし、けど、エンジニアやプログラマーの募集要項を見ると、次の事に気づけました。

 

・素人で未経験でもエンジニア・プログラマーとして研修してくれる企業がある

・未経験で雇ってくれる会社は多いけど、会社の年齢制限が27歳〜28歳

・男性ではなく、女性なら意外と未経験でも雇ってくれる事が多い(都心近くのある企業に面接に行った時に感じた体験談です... 。

 

当時は27歳だけど、葛藤していて、迷っていて、でも興味があるだけで適正があるとも思えませんでした。

 

でも、ここでやらなかった絶対にこの先の将来の人生で後悔すると強く感じて、他業種でどうにかなれても、心のどこかで「あの時にIT業界に行っていたらどうなっていたのか?」と絶対に考えるだろうと思いました。

 

ぼくは、絶対に後悔だけはしたくなかったので、未経験でもエンジニア(PG職)を目指しました。

 

どうにか1〜3社くらい面接で通って、未経験の人用の研修にも参加できたんですが、2週目の試験で基準に到達する事ができずに、不採用となりました。

  

でも、諦めずに面接に望んでいたら、3ヶ月後くらいにようやくPGに合格できたんです。

 

3. 諦めなければ『良い出会い』ができる企業は、たくさんあるという経験を得られた。

f:id:einginner-carry:20170512210811j:plain

エンジニア(PG職)として未経験ながらもどうにか就職できたのは、行動力だけです。

 

あとは、Wantedlyでエンジニア社長に会えたりとかも大きな要因で、もっと言えば転職サイトの方にも協力してもらいました。

 

もう、自分の力だけでどうにかなるなんて考えられなくて、不安だったので、転職サイトのカウンセラー(どんな転職先・就職先があるのかを堅実に考えてくれるプロ)と結構色々な企業を物色したのも良かったと思います。

 

ぼくが実際に転職に成功したのは、転職サイトリクナビNEXTです。

 

リクナビNEXT

f:id:inaka-gurashi-saikou:20170823003711p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★★

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★★

転職サポート:★★★★☆

 

リクナビNEXTの魅力は、求人の豊富さでどこに住んでいても活用できる点で、自分にあった企業が必ず見つかりますし、定番の転職サイトと言えます。  

 

転職者の8割が利用、数ある転職サイトの中で転職者の評価が断トツで高いのがリクナビNEXTです。  

 

リクナビNEXTでは「スカウト登録」を利用して希望条件を登録(プログラマー関連)しておくと求人票の中からマッチした企業からオファーが届きます。  

 

オファーには非公開の良質な求人も含まれているので、プログラマーへ転職するなら欠かせないサービスです。  

 

匿名で気軽に転職を始められる点もリクナビNEXTの良い点で、最初の情報収集を行う場としても最適な転職サイトです。

リクナビNEXTに登録する

 

メルアドを転職サイトに入れた日から、変わったんですよね。行動も生き方も  

 

SPONSORED LINK