エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

エンジニアの経験をどこで『獲得』するのか?25歳未経験からエンジニア就職・転職した僕がお伝えします。

f:id:einginner-carry:20170521054602j:plain

こんにちは、25歳で未経験からエンジニア就職したエンエンです。

 

エンジニアの経験をどこで獲得するのか?

 

大学生ならインターン・オンラインスクールと色々ありますけど、学生というくくりを無くすと途端に経験値を手に入れづらくなります。

 

今回は、学生がエンジニア経験をどこで手に入れるのか?

 

社会人未経験者がエンジニア経験をどこで手に入れるのかをお伝えします。

 

 

1. どこで『未経験』から正社員エンジニア・プログラマーになれるのか?

f:id:einginner-carry:20170511211546j:plain

まずは社会人がどうやって未経験からエンジニアになるかをお伝えします。

 

キャリアアップや今後の年収アップも考えると、正社員採用してくれるかどうかは極めて重要なんですよね。 

 

そんな時に、以前Wantedlyでお世話になったプログラマー社長に相談にいったところ、転職サイトのエージェントを利用しろ!と怒られました。

 

もしくは、社長のところから派遣契約して、SES経由でエンジニアの経験を積んでくるかとも言われました。優しさですね。

 

でもですよ。僕は当時めっちゃ考えたうえで、かつ分からない事も多かったけれど、なぜか正社員採用にこだわっていたんですよね。

 

そこで、未経験でもエンジニアのいる企業を紹介してくれるWORKPORT に登録をして、大崎にある本社で真剣に面談をしてから、各社の面接に臨みました。

 

流れはこんな感じです。

f:id:einginner-carry:20170511203213p:plain

 

面倒臭いし、なんか面談いかなくていいかな?と最初は思っていたんですが、本当にプログラマーに未経験からでもなりたいなら『勇気と覚悟』が必要だなと思います。

 

そこでWorkportで企業を見つけてプログラマー未経験だけど、正社員に採用された!わけですね。

 

プログラマー未経験から正社員になりたいなら、行動あるのみです!

 

転職アドバイザーに話をする理由は、次の3点が重要だったと記憶しています。

 

① え?おまえ素人なのになんでウダウダ考えてんの? By 現役プログラマー社長 

未経験者の場合は、未経験OKの求人自体が少なくて、転職ノウハウでかなり違ってくるので、転職エージェントに質問するだろ!とどやされました。

 

②相談しないで、悩む時間無駄じゃね? 

Workportに朝9:00くらいに連絡をしておいて、その日の午後4時くらいに面談に行きました。アルバイトが3時間だけあってギリギリでしたね。

 

ただ、その時に言われたのが就職させるプロが転職エージェントだと言われました。当たり前でしたね...

 

③話してみる勇気を持つだけで良い!

 

辛いんですよね。いつまでも正社員になれないし。

 

するとなんか悩みっぱなしなって苦しくて、頭が真っ白になる感じがしていました。けど、転職アドバイザーと話してみてスッキリしましたね。

 

気分転換に会いに行くだけでも良いと思いますよ!

 

迷っているならWORKPORTで正社員就職です!!

 

「Workportに登録する」

 

1.5. 未経験者には『わからないことがある事実』を認める

プログラミング初心者の場合は、大抵みんなが同じところでコケて分からないところが出てきます。

 

なので、わからないことはGoogle検索して「自分で問題を設定して、解決してみてください。

 

職業エンジニアをするなら、Google先生から検索する能力が極めて重要です。 なぜなら、コーディングしている時に生じる問題・ケースは、各自の解決パターンをGoogle検索で探した方が早いからです。

 

もし、先輩や同僚に聞くまででもないけど、わからないことがあってプログラミングに関する質問がしたいならエンジニアにタダで質問ができる「Teratail 」を使ってください。

 

その時は、仕事でプログラマーの先輩に質問する気分で、真剣に問題を考えた上で分からないことを聞いてみることを強くオススメします。

 

質問の仕方が上手じゃないと、ここはこういう風に聞いているのですか?と、こちらの質問の意図や背景も親切に聞いてくれるので安心して疑問を解決できます。

 

2. ガチで勉強してから『転職』したいなら『Webスク』!

f:id:einginner-carry:20170729171311p:plain

エンジニアの経験をスクールに通って手に入れたいなら、Webスクがオススメです。

 

Webスクは転職保証付きのスクールなので、勉強してみてから転職できない場合は、スクールを利用した代金(受講料)を全て返金してもらえます。

 

6ヶ月間渋谷のスクールで勉強しまくってから、実際に転職活動に臨むので、不安な気持ちを無くしてから色々な企業に向かう事が出来ます。

 

Workportの場合は未経験でも就職・転職できる企業を転職アドバイザーに選んでもらえますが、Webスクなら勉強してからなので、エンジニアとしての経験を獲得してから次のステップに進めます。

 

 

正直、転職する時に『プログラミング未経験』だと不安に感じる人もいます。

 

 

僕の場合は切羽詰まっていたので、未経験でもいける。と自信を持って転職活動しましたが、素人同然なのに雇ってくれるって普通にすごいなーとも思っています。いまさらですが。(運がよかっただけですね...。

 

 

 未経験じゃ無理じゃないかな?力試ししてみようかな?

 

と考えている人は、Webスクの無料カウンセリングもタダで受けられるので、1度話を聞いてみてからがオススメです。

 

 

f:id:einginner-carry:20170806180116p:plain

もし、半年間のカリキュラムを完了して、3ヶ月Webスクからののサポートを受けた上でエンジニアへ転職ができなかった場合、Webスクからお金(受講料)を返してもらえるので安心です。

 

プログラミングを勉強してから転職したいならWebスクです!

 

『Webスクで無料カウンセリング』

 

『Webスクに登録する』

 

3. 学生がエンジニア経験をどこで積めば良いのか?

f:id:einginner-carry:20170514110305p:plain

次は学生がエンジニア経験をどこで積めば良いのかをお伝えします。

 

僕がエンジニア転職していた頃って、Rubyを使ったオンラインプログラミングスクール(Progateなど)がかなり流行し始めていたんです。

 

なので、高校生とか大学生だととりあえずスクールかな?と思うんですけど...

 

 

それって大間違いですよ...。と経験からお伝えしたいです。

 

 

今あるオンラインプログラミングスクールの多くは、大体10万円から20万円程度で約1ヶ月くらい勉強して終わる学習量を用意しています。

 

そして、Webサイトを作ると言って、RubyRailsなんかの初心者でも与えられたコード『Rails g  model naninani』なんかですぐにDBモデルを作れて、最悪Scaffoldコマンドを使えばそれっぽいのも作れてしまいます。

 

けど、そこで学習するのは『HTML・CSSJavaScriptRubyRails』程度で、静的なWebサイトを作るだけで終わってしまいます。

 

静的なWebサイト程度は、自分で学習できるんですけど、プログラマーやエンジニアになりたいなら、動的なWebサイトを作るためのプログラミング言語『C・JavaPython』を学習しないといけないんですね。

 

結果として、エンジニアとして働くのに必要な言語を学ぶ事もできずに、僕はオンラインプログラミングスクールを卒業したんです。

 

僕はその後に未経験から就職できましたけど、学生の段階でエンジニアとしての実力を身に付けたいなら、しっかりとしたスクールに通う必要があります。

 

例えば、プロのPythonエンジニアが作った教材を使う『PyQ』というオンラインスクールはかなりオススメです。

 

PyQってどんなサービス?

f:id:einginner-carry:20170514110503p:plain

オンライン学習サービス「PyQ™(パイキュー)では、開発業務と同様に仕様書からプログラムを作成しながら、フレームワークを利用したWebアプリケーション開発に新人プログラマーとして参加できます。

 

f:id:einginner-carry:20170514105627p:plain

実務未経験で、プログラムを書いた事がない学生は、下記の学習工程となります。

 

1. プログラミング基礎の習得 => 想定学習時間 : 80時間

⬇︎

2. 実務でのプログラミング習得 => 想定学習時間 : 20時間

⬇︎

3. Webアプリケーションの作成 => 想定学習時間 : 30時間

⬇︎

4. 仕様書からの開発演習 =>  想定学習時間 : 20時間

 

個人的には『プログラミング基礎の習得』に対して1番多くの時間を割いてくれているのが嬉しいんですよね。

 

基礎・基本となる土台を堅実に積み重ねないと応用もできないし、新しい問題を解決することもできないコピペエンジニアにしかなれないですから!!(経験者談...めちゃ辛いんだよ...基礎がないと

 

この点が本当に素晴らしいし、今までのオンライン学習サービスとは全く違う点で、学習者の将来的な能力の伸び率やキャリア形成も考えた上での学習構成になってます。

  

あと、HTMLやCSSJavaScript関連でわからない事があれば

 

テラテイルで無料でエンジニアに質問してみてください。

 

エンジニアとして働き始めたら質問が上手いとすぐにエラーも解決できますから、無料のテラテイルで今のうちにバンバン質問しておきましょう!

 

また、もしも今から真剣にプログラミングを学んで、開発者や技術者になりたいならオンライン学習サービス「PyQ™(パイキュー)をオススメします!

 

オンライン学習サービス「PyQ™(パイキュー)に登録する」

 

4. 『キャリアアップのために転職したい』と考えているエンジニアはどうすればよいか?

f:id:einginner-carry:20170521054131j:plain

20代〜30代くらいのエンジニアの場合は、年収アップ・家族(お子様とお嫁さん)のために早く帰りたい・仕事の質をもっと高めたいと感じている人は多いはずです。

 

今回は、以前知り合いのエンジニアにどうやって年収を1.5倍にしたのかを聞いたので、書いておきます。

 

話を聞いた知り合いのエンジニアはC / C++がメインのエンタープライズ系エンジニアで、バックエンドも強いタイプでした。なので、正直フリーランスでも大手でも行こうと思えば行けると本人は言っていました。

 

ひとまず、その人をAさんとします。

 

Aさんはまず、転職する場合はゆっくりと「堅実な上位企業 or まともなホワイト企業」にいく事を前提とするべきで、可能なら夏ボをもらってからとも言っていたので、転職時期としては8月〜9月ごろだったとの事です。(夏のボーナスの意

 

そして、フリーランスも考えていたので、レバテックフリーランスという転職エージェントを利用しつつ、エンジニアなら大抵は利用する業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービスに登録したと言っていました。

 

僕はWorkPort(未経験向け)やマイナビ転職(一般向け)とかを使ってた口なので、レバテックは知らなくて、周囲のエンジニアとかプログラマーにも聞いたんですが、知らない人ばかりでした。

 

本当にあるのか?と疑問だったのでLPを見てみて、あー本当にあるんですね。と納得したくらいです。

 

その後にAさんはDODAで転職エージェントと話をして、大手企業のもう少し年収が高くなる、つまり1.5倍程度にはなるところに転職しました。

 

ただし、Aさんの場合は職場で主に使っていた言語ではなく、新たにPythonを使いたくて、将来的にAI(人工知能)関連へと転職したい言っていたので、そこまで年収は気にしていないとの事でした。

 

最近だとトヨタがAI(人工知能)関連の募集をしていたりもするので、AI関連を志望する人は多いみたいですね。

 

Aさんが言っていて特に記憶にあるのは、DODA転職サービスでは非公開求人も多く、エンジニア向けの大手企業に対する転職案件も他の転職サービスよりも多いとの事なので、オススメだという点です。

 

エンジニアとして新たな転職先を求めている方は、DODA転職サービスがオススメです。

 

「DODAエージェントサービスに登録する」

SPONSORED LINK