エンジニア☆エンジン

未経験からのエンジニア転職・エンジニア就職を挑戦する人たちへ

エンジニアが転職する時には「転職市場価値」を大事にしろ!サイボウズの給与を決める「市場価値」こそ技術者必見だ。

f:id:einginner-carry:20170803160400j:plain

こんにちは、25歳で未経験からエンジニア就職したエンエンです。

 

エンジニアが転職をする時に考える要素は「人(人間関係)・物(技術的進歩)・金(給与が上がるか?)」に大別されます。

 

それ以外にも今すぐにでもブラックな職場から逃げ出したい人もいるかもしれませんが、ほぼ上記の3つの要素のどれかがエンジニアが転職をしたいと決意する理由の根底にあるものです。

 

だからこそ、エンジニア転職をする時にこそ「転職市場価値」をしっかりと考える必要があります。

 

 

1. サイボウズの「市場価値システム」とは?

f:id:einginner-carry:20170521054848j:plain

転職時の市場価値を知る前に、大企業のサイボウズが行なっている給与決定時の「市場価値」というシステムを知ってもらいたいと考えています。

 

まず大企業サイボウズは、給与制度は試行錯誤と失敗の歴史の中で、給与に公平性を求めるのは間違っているという帰結を得ます。

 

その結論として、もしサイボウズを辞めて転職をした時に、その人がどの程度の給与で再雇用されるのかを給与決定の新たな視点として導入し「市場性」として定義しました。

 

年棒が500万円の人なら、大抵はその給与額に近い年棒をもらうようになり、1000万円をもらえる企業があるなら、喜んでその企業へと転職するはずです。

 

転職市場は需給のバランスで成り立っているので、自分自身の技術者としての市場価値をあらかじめ知った上で働くことは極めて重要だと言えます。

 

これなら、どんなプロジェクトで結果を出して、年功序列で給与のベース額が決定するようなことはありません。

 

転職市場価値において、どの程度の価値を持ち合わせているのかによって、自分の将来的な進歩の度合いも理解可能です。

 

転職市場において、いきなり転職をしようと考え、あなたの価値はこの程度です。と突然言いつけられるくらいなら、ある程度エンジニアとしてのキャリアを積んだなら、転職サイトや転職エージェントを活用することが重要だと言えます。

 

市場価値とは、常に相対的な価値観です。だからこそ、転職を想定しているなら常に自分の相対的な市場価値を知る必要性があります。

 

エンジニア・プログラマーの「転職市場価値」とは?

f:id:einginner-carry:20170521054602j:plain

エンジニア・プログラマーの「転職市場価値」は、技術的に何を持ち合わせているのか。プロジェクトにはどの程度の立場で参加してきたのか。新卒で何年目かなど様々な要素から明確に決定されていきます。

 

実際は相手企業が求める技術にも依存しますから、なかなかこれだと言える定量的な価値観を知ることが極めて難しいと言えます。

 

だからこそ、大企業のシステムエンジニアで40代になってクビになってしまうくらいなら、サイボウズ式の市場価値を土台に自分の価値がどの程度なのかを知っておいた方がお得なんです。

 

転職市場価値を知るだけなら、無料ですから。

 

女性の場合は妊娠や出産を考える時期もあるはずでし、男性なら家族(子供の成長)に合わせて年収が少しでも増えた方が良いこともあるはずです。

 

特に、転職サイトや転職エージェントは、年齢やあなたが保持している技術的問題から転職市場価値が低い場合、転職時のサービスを受けられない可能性が大きくなります。

 

急いては事を為損じると言いますから、婚活や受験のようにある程度堅実に転職活動をするためにも、事前の準備が大きな結果に結びつきます。

 

重要なのは、エンジニアとしての価値を早めに知っておいて、対策をとることができるようにしておくことです。