エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

システムエンジニア(SE)に『25歳営業職』から転職する方法とは?職場環境を変える努力が20代には重要です!

f:id:einginner-carry:20170821074202j:plain
こんにちは、25歳で未経験からエンジニア転職したエンエンです。

 

営業職からエンジニアになりたいあなたに、本当の転職方法をお伝えします。

 

システムエンジニアに未経験25歳(営業職)はなれるのか?

f:id:einginner-carry:20170818112853j:plain
25歳の場合、第2新卒枠ギリギリで、今年が最後のチャンスと感じますよね?

 

でも、システムエンジニア技術職なので、まだまだ年齢を理由に行動を諦める段階ではありません。

 

 

十分いまからでもシステムエンジニアを目指して、挑戦することは可能です。

 

 

営業から開発職に転職する訳ですから手に職を付けたり、Webアプリケーション開発をしてみたい!と感じるからこそ、転職を志望していると思います。

 

僕もRubyRailsでWebアプリケーション開発していますから、気持ちは分かります。楽しいんですよね。アプリ開発は!

 

では、順序立てて営業職からシステムエンジニア(技術職)になるための方法をお伝えしていきます。

 

0. システムエンジニアをなるあなたにおすすめのプログラミングスクール

f:id:einginner-carry:20171014094425j:plain

営業職からシステムエンジニア(SE)になる場合、次の2つの方法があります。

 

・未経験のままでIT企業に転職して「システムエンジニア」になる

・プログラミングスクールに「在職中に通って、システムエンジニア」になる

 

いきなり仕事を辞めて、未経験でIT企業を挑戦するのも一つの手です。

しかし、正直怖い。貯金もどんどんなくなる。うまく行くかも分からない。

 

だからこそ「在職中にプログラミングスクールに通い、万全の準備をして次の段階に進むべきです。」

 

もし、スクールを経てシステムエンジニアを目指したいなら、次の記事を参考にして下さい。

 

【就職・転職保証】エンジニア未経験の方にオススメのプログラミングスクールランキングベスト6!スキルをつけて就職してください

 

 

では、つぎからは「僕がシステムエンジニアに未経験からなった方法」をお伝えしていきますね。

 

1. 業務未経験の場合は、プログラムをどう勉強すれば良いのか?

f:id:einginner-carry:20170506071010j:plain

最近はプログラマーからシステムエンジニア(SE)になる傾向が強く、前提としてプログラミングが最低限は行える必要性があり、Webアプリケーション開発ならPHPRubyを勉強しておきましょう。

 

また、SE・プログラマーは常に勉強する必要があり、技術をつうじて問題を解決することが好きであったり、得意な分野でなければ勉強も続かない可能性があります。

 

IT系の情報技術やプログラミングが好きな人が成長が圧倒的に早く、好きこそものの上手なれというのはどの分野でもおなじことです。

 

自分でプログラミングをして、アプリケーションを作る楽しさを知り、プログラムが書ける職場へ行って経験を積むためにも、IT系スクールなどに企業に在籍している間に通っておきたいです。

 

6ヶ月間の長期でしっかりと勉強するなら体験レッスンのあるWebスクがオススメで、1ヶ月の短期でプログラミングがどんなものかを理解したいなら、説明会でがっちりと質問できるWebcampがオススメです。

 

プログラミングってなんなのか?

 

と、初歩からわからない場合は、今のうちにWebスクで自分に投資する気持ちで通ってみる事を強く勧めます。

 

もちろん、インターネットの情報を利用して自己学習することも重要ですね。

どんな道を選ぶにしても、自ら勉強をし続けることが可能かどうかが大事になってきます。

 

2. どんなシステムエンジニア(SE)を目指せば良いのか?

f:id:einginner-carry:20170505161435j:plain

システムエンジニア(SE)をやるなら、一生勉強です。

 

常に技術が枯れずに進化し続ける世界ですから。

 

業務SE・インフラSE・パッケージSE・金融系SE・会計系のSEとシステムエンジニアにも業種に合わせて多く種類があり、金融系SEなら銀行業務・証券業務を最低限でも知っている必要があります。

 

インフラ系SEならネットワークやDB(データベース)関連も知る必要がありますから、プログラマーとしてプログラミングを学びつつ、どんな業種のシステムエンジニアになりたいのかを考える必要があるんですよね。

 

システムエンジニアは開発の設計書・仕様書を書きますから、設計書に語弊があるとトラブルの元です。

 

どうとでも取れるような書き方をしてはお客様は自分たちの良いように解釈してそのままその開発ルートに沿って開発業務を実行しなければなりません。

 

本来はやらなくて良い開発までしなくてはいけなくなると費用が積み重なって、コストがかかってしょうがありません。

 

だからこそ自分がどんなシステムエンジニアになりたいのかを考えて行動してみてください。

 

3. 文系・理系のどちらがシステムエンジニアに向いているのか? 

f:id:einginner-carry:20170817103908j:plain

プログラムだけを書くプログラマーを目指すなら、情報工学系を学んだ理系出身の方が、より良いコードを書くことができます。

 

しかし、システムエンジニア(se)は、システムの設計、仕様を考える、お客様の求めているものを具体化することが主な仕事です。

 

当然、システムエンジニアがプログラミングを合わせて仕事として行うこともありますが、どちらかといえば技術力よりも「相手の求めているものを理解する会話力、コミュニケーション能力」が重要です。

 

この相手に合わせて提案能力は、技術職ではない文系の営業職を経験した人の方が持ち合わせている能力だとも言えますね。

 

なので、システムエンジニアを目指すときに文系、理系のどちらかなのかと疑問に感じる必要はありません。

 

特に、Web業界は色んな経歴の人がいます。

 

まったく異業種からやってきて2年くらいで一気に活躍できる人材になる場合もありますし、 とはいえ、適性と努力が必要なのでなんとも言えません。

 

文系であれ理系であれ、まずはシステムエンジニアになりたいという強い気持ちがあるのかどうかが最初のハードルだと考えておいてくださいね。

 

4. 未経験OK・経験不問ってどんな意味なのか? 

f:id:einginner-carry:20170425071928j:plain

未経験OK・経験不問という言葉をつかう企業の求人票をよく見かけます。

 

これは未経験者で実務経験(企業で開発や仕様設計をしたことない)けれど、実務に参加可能なら採用しますねという意味合いで書かれています。

 

大抵は企業側が用意してくれている研修をクリアすれば良いので、人生のテストだと思って研修にかじりついていくことをおすすめします。

 

そこで学習能力があるのか?どれだけ本気で営業からエンジニアになりたいのか?

 

そうした点を企業側が本気で見定めていますから。  

 

例えば、シンプルなIQテスト・EQテストを行う場合もありますし、僕の場合はかんたんなプログラムチャートを完成させるというテストもありました。

 

未経験とは、業務経験がない人でも採用すること。

 

そういう意味だと考えておいてください。 

 

未経験からシステムエンジニア(se)になる方法

f:id:einginner-carry:20170511211546j:plain

ここからは、コンサルティングを受けて未経験からシステムエンジニアになる方法をお伝えします。

 

私がWorkportと呼ばれるコンサルティングサービスを利用したときのお話です。

 

僕の経験から言えば、キャリアアップや今後の年収アップも考えると、正社員採用してくれるかどうかは極めて重要なんですよね。 

 

ぼくはそれだけ考えていました。25歳でしたから、もう死ぬ気ですよ。

 

そんな時に、以前から仕事先としてお世話になったプログラマー社長に相談にいったところ、転職サイトのエージェントを利用しろ!と怒られました。

 

もしくは、社長のところから派遣契約して、SES経由でエンジニアの経験を積んでくるかとも言われました。優しさですね。

 

でもですよ。

 

僕は当時めっちゃ考えたうえで、かつ技術職に関して分からない事も多かったけれど、なぜか正社員採用にこだわっていたんですよね。

 

そこで、未経験でもエンジニアのいる企業を紹介してくれるWORKPORT に登録をして真剣に面談をしてから、各社の面接に臨みました。

 

流れはこんな感じです。

f:id:einginner-carry:20170511203213p:plain

 

面倒臭いし、なんか面談いかなくていいかな?と最初は思っていたんですが、本当に未経験からでもシステムエンジニアなりたいなら『勇気と覚悟』が必要だなと思います。

 

そこでWorkportで企業を見つけて、システムエンジニア未経験だけど、正社員に採用された!わけですね。

 

未経験からシステムエンジニアになりたいなら、行動あるのみです!

 

転職アドバイザーに話をする理由は、次の3点が重要だったと記憶しています。

 

① え?おまえ素人なのになんでウダウダ考えてんの? By 現役プログラマー社長 

未経験者の場合は、未経験OKの求人自体が少なくて、転職ノウハウでかなり違ってくるので、転職エージェントに質問するだろ!とどやされました。

 

②相談しないで、悩む時間無駄じゃね? 

Workportに朝9:00くらいに連絡をしておいて、その日の午後4時くらいに面談に行きました。アルバイトが3時間だけあってギリギリでしたね。

 

ただ、その時に言われたのが就職させるプロが転職エージェントだと言われました。当たり前でしたね...

 

③話してみる勇気を持つだけで良い!

 

辛いんですよね。いつまでも正社員になれないし。

 

するとなんか悩みっぱなしなって苦しくて、頭が真っ白になる感じがしていました。けど、転職アドバイザーと話してみてスッキリしましたね。

 

気分転換に会いに行くだけでも良いと思いますよ!

 

迷っているならWORKPORTシステムエンジニアを目指してください。

f:id:einginner-carry:20170916185435p:plain

 

転職エージェントを利用する必要はありますよ

f:id:einginner-carry:20170812091501j:plain

IT業界に詳しい人にアドバイスを受けながら転職活動することは極めて有効なのでおすすめです。

 

とはいえ、転職エージェントがどんな存在なのかわからないと使いづらいですよね?

 

転職エージェント(あなたの転職活動の手助けをする企業)を利用すれば、以下のメリットを得られます。

 

① あなたの希望する働き方にマッチした就職案件をピンポイントで紹介して貰える

② 面接では直接聞きづらい事を就職コンサルの方を通じて伝えて貰える

③ 企業とのやりとりを代役してくれる

④ 求人サイトには決して公開されていない非公開求人の情報が手に入る

⑤ 就職後の職場環境に問題ないか?のアフターフォローもある

 

このような恩恵を受ける事ができますし、無料で利用できます。

 

転職エージェントは就職先の案件の情報にとても詳しいですから、 自分で求人票を頼りに就職活動するよりよっぽど効率的です。

 

確かに、転職エージェントとと聞くと堅苦しくて抵抗があるかもしれませんが、 求人情報から無作為に選んで当たりかどうか分からない会社に応募し続けるよりよっぽど苦労が少ないです。

 

そして、営業職から技術職(システムエンジニア/se)へと転職・就職を前提とする以上、仕事を続けながら有給休暇を利用して次の職場を探す必要がありますね。

 

けれど、営業職ならクライアント先に営業に行く、帰社せずにそのまま直帰するなど時間の融通が効きます。

 

そのスキマ時間に転職エージェントに企業を見つけてもらったり、履歴書・職務経歴書の準備をしてもらっておけば良いのです。

 

自分ひとりで転職に成功したいなら別ですが、本当に良い会社に入社したいなら、利用できるものは全て利用することをおすすめします。

 

それでは、良い結果となることを願っております。

 

未経験のエンジニア就職率No1:ProEngineer(プロエンジニア)

f:id:einginner-carry:20170812164829p:plain

未経験でシステムエンジニアに挑戦したい。

 

まずは、しっかりと勉強をしてから次の職場に移りたい。

 

そう考えるなら、エンジニア専門の就職に特化した、完全無料のIT研修&就活塾のPro Enginnerが利用してみてください。

 

f:id:einginner-carry:20170812165113p:plain

Pro Enginnerは全て無料で勉強ができるところが魅力です。

 

Pro Enginnerは様々な企業からの協賛金を土台に無料でスクール経営をしているので、お金を支払わずにキッチリ・本気で勉強する場所を確保できます。

 

f:id:einginner-carry:20170812165513p:plain

もし、途中で研修をやめてしまっても、別途お金がかかるようなことはありません。

 

無料の体験面談でどんな風に勉強していくのか?

 

どんな企業で働くことができるのかなどをしっかり聞いてみてくださいね。

Pro Enginnerで無料の体験面談をしてみる

 

Pro Enginnerにはどう無料体験面談するのか? 

①. Pro Enginnerで無料の体験面談するをクリックする。

 

②. Pro EnginnerのWebサイトに移動してます。

f:id:einginner-carry:20170812171512p:plain

その後、ちょっと聞いてみるの部分をクリックすると、登録後に無料の体験面談を行う日程を決めます。

 

それでは、良い結果になることを願っております。

 

未経験プログラマー就職・転職おすすめランキング

f:id:einginner-carry:20170925074953p:plain

SPONSORED LINK