エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

フリーターが『本気』でITエンジニア・SE・IT業界で正社員就職する方法!IT系スクールよりも実地の開発経験こそが大事です。

f:id:einginner-carry:20170810170307j:plain

こんにちは、25歳で未経験からエンジニア就職したエンエンです。

 

経験もない。プログラミングの知識もない。専門学校に通うお金もない。

けれど、プログラマーやSEとしてIT業界に挑戦してみたい。

 

そう考えてはいませんか?

 

それなら、IT系のスクールに通ったり、求人サイトでやみくもに就職先企業を探すことだけは絶対にしてはいけません。

 

今回は、 フリーターが『本気』でITエンジニア・SE・IT業界で就職する方法をお伝えしていきます。

 

 

1.専門学校(学費150〜200万)に通う必要はあるのか?

f:id:einginner-carry:20170817103908j:plain

日本工学院・日本電子専門学校などに入学してから就職先をみつける準備をする専門学校に通うべきかどうか?

 

結論からいえば、高いお金を払ってまで、専門学校に通う必要はありません。

 

時間(最低でも2年)もかかりますし、学校に通っている間に、アルバイトをするなどして費用を捻出する必要もうまれてきます。

 

例えば、日本工学院の場合は「2年で150万円程度」で、日本電子工学院の場合は「2年で200万円程度」の学費を支払う必要があります。

 

現状の年齢が20〜22歳で、かつ卒業時に25歳までに就職活動ができるのならまだ希望もあります。

ただ、25歳以降の場合は年齢的に辛く、また挑戦できる企業の質も落とす必要が生まれます。

 

27〜28歳の実務経験、社会人経験のない未経験の学生よりも、若い20代前半の就職希望者を採用する傾向も強いです。

 

ですので、

 

・20〜22歳なら、どうにかしてお金を集めて専門学校に通ってみる

・25歳以降なら、専門学校以外の道を探してみる

 

ことが妥当です。

 

2.就職保証型のプログラミングスクールは約40%が脱落する

f:id:einginner-carry:20170819105936j:plain

エンジニアに手っ取り早くなるためには、正直、IT系スクールに通うのが一番です。

 

スクールの受講料金は安くなく、むしろ高いですが、そこでしっかり学習してしまえばほぼ確実にエンジニアになれます。

 

でも、どんなに意気込んで「エンジニアになります!」という気概があっても、継続できなければ、エンジニアにはなれません。

 

実際にスクールに通っていた友人の話では、スクールに通い始めた人の約3~4割くらいの人は、勉強が続かずに脱落します。

 

数十万の高い受講料を払っているにもかかわらずです。

 

もちろん無料のスクールもありますよ。

 

けれどスクールに通い出しても途中で辞める人が多いんです。、

だからこそ本当にエンジニアになりたければ「辞めない、諦めない」ことが重要です。

 

ここで知っておいてもらいたいことは、有料のプログラミングスクールを利用していても、全員が就職までゴールできるわけではなく、IT業界に未経験から就職できるのは「ITに対して適正」があった人だけということです。

 

つまり、IT系スクールが無料か、有料かは問題ではないんです。

 

IT業界に対する気持ちがあるかどうか?ただそれだけなんです。

 

3.フリーターは「勉強」すべきか?「行動」すべきか?

f:id:einginner-carry:20170819110012j:plain

フリーターなら、プログラミングの勉強をスクール、もしくは自学自主するより、企業に入り込んで実際に研修した方が良いです。

 

つまり、就職するために行動することが、実は一番の近道なんですよ。

 

これは、エンジニア・プログラマーを求めている会社が未経験者に対して、前向きに自社で開発の勉強をし続けることができるのか?と考えていることが大きな理由です。

 

エンジニアとしてのプログラミング・コーディングはスクールを卒業してからも続きますし、各社の開発の色は本当に千差万別です。

 

スクールで基礎は習えても、各企業に合わせた開発手法は学べません。

 

なら、今すぐにでも就職活動(行動)をして、企業で一から経験を積んだ方がより大きな結果を手に入れられると僕は考えます。

 

僕の場合は、スクールに通うこともなく企業研修で給料をもらいながらプログラミングの勉強をして、開発プロジェクトに参加していました。

 

知識や勉強ではなく、エンジニアとしての経験を実際に働いているプロから学ぶこと。

 

これが、実は一番大事なことだと思います。

 

4.未経験エンジニアに求められるのは「常に経験だけ」

f:id:einginner-carry:20170812141622j:plain

結論、開発することができる経験・能力を身につけるために未経験でも就職できる企業に入ることが一番大事だなと思います。 

 

それは、スクールや求人サイトで迷いながら企業を探すくらいなら、転職エージェント(就職支援してくれる企業)を通じて、有意義な経験を獲得できるようにすることをおすすめします。

 

だからこそ、フリーターからITエンジニアへと就職したい人は求人サイトや転職サイトではなく、転職エージェントを使ってみて欲しいんです。

 

僕は25歳から全くの未経験で転職エージェントの人の手助けを通じて、IT企業に正社員として入社することに成功しました。

 

IT業界に詳しい人にアドバイス(助言)を受ける意味とは?

f:id:einginner-carry:20170812091501j:plain

IT業界に詳しい人にアドバイスを受けながら転職・就職活動することは極めて有効なのでおすすめです。

 

具体的に言えば、転職エージェント(就職・転職に関する支援をしてくれる企業)を受けることですね。

 

転職エージェントを利用すれば、以下のメリットを得られます。

 

① あなたの希望する働き方にマッチした就職案件をピンポイントで紹介して貰える

② 面接では直接聞きづらい事を就職コンサルの方を通じて伝えて貰える

③ 企業とのやりとりを代役してくれる

④ 求人サイトには決して公開されていない非公開求人の情報が手に入る

⑤ 就職後の職場環境に問題ないか?のアフターフォローもある

 

このような恩恵を受ける事ができますし、無料で利用できます。

 

転職エージェントは就職先の案件の情報にとても詳しいですから、 自分で求人票を頼りに就職活動するよりよっぽど効率的です。

 

確かに、転職エージェントとと聞くと堅苦しくて抵抗があるかもしれませんが、 求人情報から無作為に選んで当たりかどうか分からない会社に応募し続けるよりよっぽど苦労が少ないです。

 

今回の転職エージェントを選んだ理由

f:id:einginner-carry:20170804194342j:plain

ぼくは25歳フリーターから未経験でどうにか就職することができました。

 

当時は本当に肩身も狭くて、親の目も辛くて、友達は働いているし辛いことだらけのなかにいました。

 

その苦しい過程で今回お伝えしている転職サイト・転職エージェント・IT就活塾なら、未経験からでもITエンジニア・プログラマーなどの技術者として新しく働き始めるための準備をできると経験からお伝えできます。

 

今回、このサイトを作ったのも、未経験から真面目にエンジニアを目指す人がブラック企業にハマらないようにして欲しいと思ったからです。

 

もう一度言いますが、恵○○駅近くのとあるSES系のブラック企業が、僕が始めて出会ったブラック企業で、本当にどうしようもない人たちでした。

 

どうにか僕は免れましたが、求人サイト普通にあんなブラックがいるのかと不安になったくらいです。あんな思いはしたくないですし、あなたにもして欲しくありません。

 

だからこそ、あなたには良い企業でエンジニアになってもらいたいと本当に思っています。

 

第1位 未経験者20代〜30代のエンジニア就職・転職率 No1 :WorkPort

f:id:einginner-carry:20170804230240p:plain

未経験だけど、エンジニア・プログラマー職で働いてみたいと感じているなら、僕も利用したことのあるWorkportがお勧めです。

 

25歳で未経験で就職活動もまともにしてこなかった僕が、エンジニア職として正社員採用できたのもWorkportの転職アドバイザーが親身になってくれたからです。

 

当時の僕は正社員採用にこだわっていたので、Workportのオフィスに行ってみて真剣に転職アドバイザーの人に話を聞きました。

 

そこで、未経験でもエンジニアのいる企業を紹介してくれるWORKPORT に登録をして、オフィスで真剣に面談をしてから、志望している企業面接に臨みました。

 

もし就職・転職で迷っている未経験の方ならWORKPORTで正社員就職・転職してみて下さい。

「Workportに登録する」

 

また、Workportでは「横浜名古屋福岡大阪TECH大阪」の地方にて就職・転職希望の人たちに対して就職支援を行なってくれているので、是非近くのWorkportを利用してみてください。

第2位 転職のサポートと丁寧さNo.1 :マイナビエージェント

f:id:einginner-carry:20170802024702p:plain

転職・就職の人材系最大手のマイナビが運営する転職エージェント「マイナビエージェント」

 

転職求人サイトのマイナビ転職とは違って、転職エージェントが初めての転職をしっかりとサポートしてくれますし、一般的で普通な年収の企業を狙えます。

 

丁寧なサポートと多くの求人があるのが売りなので、綿密な転職サポートを受けてみて下さい。

 

特に未経験でもエンジニア・プログラマー職として正社員採用されるには、良い企業との接点を作ってくれる転職エージェントの繋がりは、極めて重要です。

 

僕は転職自体Workportで行いました。

 

でも、他にも良い企業がないかと気になっていたので、マイナビエージェントさんにも複数登録して、良い企業に転職できる確率を少しでも上げようと努力しました。

 

人材最大手の転職エージェントと就職・転職活動するならマイナビエージェント もお勧めです。

「マイナビエージェントに登録する」

 

第3位 年収Upと充実のキャリアップ :DODAエージェント

f:id:einginner-carry:20170802031206p:plain

職務履歴書の書き方や自己PRや面接指導までしっかりサポートしてくれる「DODA」は、少し上位の年収高めな企業に受かりたいと感じているなら必須登録です。

 

勝つための職務履歴書の書き方を教えてくれるのは、転職時に実はすごく嬉しくて、受験とか就活の時のように履歴書作りに苦労はしたくない方は必見です。

 

こちらも丁寧で、少し上位な企業を狙いたいならぜひ利用して下さい。

 

最低でも2〜3つの転職エージェントと話す意味は極めて簡単です。

 

なぜなら、あなたにとって正しいと感じる転職エージェントと出会える確率を少しでも高められるからです。

 

いわば、転職エージェントとの出会いの数が、そのまま転職活動の成否に関わるので、業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービスにも合わせて登録してみて下さい。

「DODAエージェントサービスに登録する」

 

第4位 : 既卒 / 未経験からの転職成功率No.1 : ハタラクティブ

f:id:einginner-carry:20170804142036p:plain

既卒・未経験・第二新卒の転職希望者にはお勧めしたい転職サイトがハタラクティブです。

 

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を対象とした転職案件を豊富に持ち合わせていて、転職希望者に「自分発見カウンセリング」を通じてどの業界が良いのかなどを再発見できます。

 

転職したいけど、どうしてよいのか分からないと感じている人ほど、初めてはハタラクティブで転職の空気感や戦い方を体験してみて下さい。

 

転職は転職サイト・転職エージェントに登録しなければ始まりません。 

「ハタラクティブに登録する」

SPONSORED LINK