エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

ブラックIT企業回避!フリーターが未経験からプログラマー就職活動 | 実務経験なしからホワイトIT企業へ正社員入社する就活の仕方。就職試験・適性検査突破の方法/職務経歴書・履歴書の書き方対策も合わせて伝えます。

f:id:einginner-carry:20171028192036j:plain

フリーターが未経験からプログラマーになりたい!

 

けど、

 

職務経歴書・履歴書の書き方がわからない

実務経験(開発業務)・社会人経験もない

就職試験・面接・適性検査/適正試験の突破方法もわからない

 

 

僕はこれが分からないから、めっちゃくちゃ怖かったですよね。

頭から面接官に、いままでの自分を否定されそうで...。

 

 

しかし、こんな悩みは全く問題ありませんでした。

 

今回は、フリーターだった僕が未経験からプログラマー就職した方法をお伝えしていきます。

 

 

フリーターが未経験からプログラマー就職する方法

フリーターが未経験からプログラマー就職する方法は、実はカンタンです。

 

 

ブラックなIT企業、会社に自分から入社しないことだけです。

 

 

求人サイトで未経験可能・未経験OKの求人ばかり探している

派遣社員から働いて、時期をみて正社員として転職する

魔のハローワークでIT企業を知らない職員から、企業を斡旋してもらう

本・Webサイトばかりみて、プログラミングの知識ばかり頭に入れ込む

 

 

こんなことばかりしていた僕は、約10ヶ月何もできず途方に暮れていました。

 

もしかしたら、みなさんも同じことをしようとしているかもしれません。

 

正直、どの選択肢も不正解で、時間もお金も苦労もかかる無駄な行動です。

 

 

だからこそ、IT業界を未経験から目指す時に最初に考えることが「ブラック企業(劣悪な労働を強いる会社)」に出会わないかです。

 

 

加えて、異常な労働環境で単なる道具のようにあなたを使いたおすダメな会社に出会わないようにもしたいところですよね。

 

 

それでは、どう解決して行くのか、順序立ててお伝えしていきますね。

  

1. 求人サイトで全く分からないIT企業の未経験ok求人票を探さない

f:id:einginner-carry:20171026163628j:plain

これ、なんでみんなするんでしょうね?

 

僕も初めていった恵比寿のSE派遣の新しめのIT企業が、良い感じ!と思って面接を受けに行ったのですが、当然、ブラックIT企業でした。

 

東大出身の社長なので、大丈夫かな?と思ったんですけどね...。

 

求人サイトで「未経験OK・未経験可能なIT企業の仕事」があったら、ほぼ100%ブラックで社畜人生まっしぐらの道しか残っていません。

 

誰しもがするんです。

 

未経験でも良いから働かせてくれるIT企業で、一から頑張ろうと。

 

経験も知識もないけど、仕事を通じてプログラマーになろうと。

 

けれど、これは、間違い。大間違いです。

 

どうあがいてもブラックIT企業にしか出会えません。

 

企業にいくまでの電車賃も時間も何もかもが無駄なゴミです。

 

2. 派遣社員から正社員転職して、プログラマーを目指さない

f:id:einginner-carry:20171026114411j:plain

派遣から正社員転職する確率は、だいたい40%と厚生労働省がデータ試算しています。

 

=> 派遣社員の正社員転換・待遇改善に向けた取組 |厚生労働省

 

当然、派遣で働く業種がただのテスターなら正社員就職しづらいですし、IT以外の業態なら、さらに転職しづらいものです。

 

 

時間は、誰しもが持っているいちばん大切な宝物

 

 

にも関わらず、正社員としてプログラマーになりたいのに、なぜか派遣で働き出したがる人が多いです。

 

派遣採用の場合は、今よりも良い会社に転職しづらいです。

 

また、雇用保険社会保険なども完備していないことが多く、あえて自分の時間をよくわからない派遣会社に与える必要などありません。

 

ハローワークなどでは、なかなか就職できないフリーターを気軽に派遣会社に入れようとしたりします。

 

あと、これは僕の両親の話なんですが、なぜか両親(母親)も早く僕に働き出して欲しいから派遣での就職をサッサとしろと言うんです。

 

いや、あの時両親の意見を無視して正解だったなと今でも思いますね。

 

3. フリーター未経験からプログラマーを目指すなら「ハローワーク」は避けておく

f:id:einginner-carry:20171014094425j:plain

フリーターが未経験からの就職、就活を考える時にハローワークを選んだ方が良いと思われる方も多いと思います

 

ですが、 はっきり言ってハローワークを使った就職活動は、おすすめ出来ません。

 

理由は簡単で、2つあります。

 

ハローワークの求人情報からでは読み取れない情報が多すぎる点と、

ハローワークの求人票に虚偽の記載をしているパターンが多い点です。

 

実際に、弁護士ドットコムと呼ばれる日本最大級の弁護士検索・法律相談サイトでも、次のような記事があります。

 

・ハローワーク「求人情報」が実際と全然違うことが判明! どうすればいい?

・ウソで人を集める「ブラック求人」を排除せよ! ハロワでは「求人を下回る労働条件」を禁じる取り組みも...。

 

例えば、宮城県の男性(20代)は、とある求人広告に目を奪われた。勤務地は自宅のある大崎市内、仕事は自動車整備全般・タイヤ販売、待遇は正社員というものだった。  

 

とのことですが、実際の仕事は派遣社員の管理と営業だった。自動車とは無関係の業務だったのです。

 

このようなかなり質の悪い求人情報がハローワークには多く存在しているので、 正直言って、職が全然見つからない人以外は利用しないほうが良いです。

 

 

ハローワークは国営ですが、お役所仕事の質が悪いのはご存知の通りです。

 

 

もちろん、中には良い企業もあるのでしょうが、 他にも就職するなら優良な 民間求人サイトやコンサルティングなど沢山ありますので、 わざわざハローワークのお世話になる必要はあまり無いと言えるでしょう。

 

4. 仕事の忙しさの具合を面接で確認すること

f:id:einginner-carry:20170924084524j:plain

IT業界で就職活動を行う上では、 面接時にしっかりと残業の有無や休日出勤の有無を会社に確認することです。

 

これを絶対に怠ってはいけません。

 

必ず確認するようにしてください。

 

このような事を書くと面接時に聞くのは怖いとか、 面接時の印象が悪くなったりしないだろうか?とか、 熱意が見られないと思われるだろうか? と、思われるかもしれませんがそれは大きな間違いです。

 

何故なら、まともな会社であればちゃんと答えてくれるからです。

 

直球で残業時間の長さを聞く事が怖いなら、 「御社でも忙しい時期と忙しくない時期があると思いますが、 忙しい時期はどの程度忙しいですか?」 と、遠回しに確認してみるのも効果的です。

 

労働時間の長さを確認するのは当たり前の事です。

 

残業の有無を確認しただけで 印象が悪くなったり熱意が無いとか見られるぐらいなら、 まともな会社とは言えません。

 

そんな会社は入社しないほうがよっぽどましです!

 

ただでさえ残業が多いと言われる業界だからここはしっかり確認しましょう。

 

ごく一般的な会社であれば、 会社が比較的忙しい時期や比較的暇な時期を教えてくれます。

 

私も面接の時に「残業はどれだけあるのですか?」と質問しましたが、 「毎年12月や3月は忙しくてなかなか帰れない日もあるけど、 4月、5月、6月、7月は忙しくなくて定時で帰ってる人も多い。 休日出勤はほとんどないよ」と回答をもらえる事がありました。

 

実際に内定を頂いてから入社するとその通りでしたし、 別にマイナスに見られたことはありません。

 

一番ダメなケースは内定が欲しいがために 「仕事であれば何時間でも働きます!」とか「忙しいのは承知の上です」 と、言ってしまうことです。

 

早く内定が欲しい気持ちは分かりますが、IT業界はブラックな会社が多いので、 下手をするとブラック会社に入社することになってしまいます。

 

確認を怠ると、本当に一生後悔することになりますので注意してください。

 

私も過去に一度上記の事をやってしまい、 2年で会社を辞めることになってしまいました。 仕事の忙しさの具合を確認することはとても大事です

 

5. 職務経歴書・履歴書を書けない...。就職試験・適性検査の突破方法が分からない。

f:id:einginner-carry:20170924113308j:plain
 

未経験、しかもフリーターで就職する時に、僕が一番怖かったこと。

 

それは、次のことです。

 

職務経歴書・履歴書の書き方がわからない

実務経験(開発業務)・社会人経験もない

就職試験・面接・適性検査/適正試験の突破方法もわからない

 

これって「企業に正社員採用される方法」が分からないから、すごく迷いましたし、どうして良いのか考え抜きました。

 

そこで、僕は「誰かに頼るしかない」と判断しました。

 

自分の力だけでどうにかしたいと思っていましたし、どうにか実力でホワイトIT企業に入社して、周囲の友達、両親を見返したいとすら考えていました。

 

けど、自分でやろうと、誰かに助けてもらおうと、結果を出してしまえば同じこと。

 

 

そう考えてWantedlyでメンターになる人を探して、とあるPHPerのプログラマー社長に出会いました。

 

PHPerのプログラマー社長に、一から質問してみた

einginner-engine.hatenablog.com

 

この記事に詳しく書いてあるのですが、簡単にいうと「Wantedlyプログラマー社長に居酒屋で出会って、転職エージェントを教えてもらった」という経緯です。

 

 

普通にIT界隈に関係のない人生を送っていたので、転職エージェント...?

 

 

というアホな顔を渋谷の飲み屋でしたのを今でも覚えています。

 

実際、僕の場合は求人サイトでブラックIT企業に出会ってしまった経験もあり、どうしてよいのか途方にくれていたので、もう誰かに助けてもらおうと決意しました。 

 

 

IT業界に詳しい人にアドバイス(助言)を受けること

f:id:einginner-carry:20170818112853j:plain

PHPerの社長に教えてもらった、転職エージェント (就職・転職に関する支援をしてくれる企業)に助けてもらうことを決めました。

 

転職エージェントを利用すれば、以下のメリットを得られますね。

 

 

① あなたの希望する働き方にマッチした就職案件をピンポイントで紹介して貰えた

② 面接では直接聞きづらい事を就職コンサルの方を通じて伝えて貰えた

③ 企業とのやりとりを代役してくれた

④ 求人サイトには決して公開されていない非公開求人の情報が手に入った

⑤ 就職後の職場環境に問題ないか?のアフターフォローもあった

職務経歴書・履歴書を一緒に書いてくれるので、安心できた

⑦ 実務経験、社会人経験がなくても、働ける企業を探してくれた

⑧ 就職試験・面接・適性検査対策・突破方法を長年のキャリアから教えて暮れた

 

 

このような恩恵を受ける事ができますし、無料で利用できます。

 

 

転職エージェントは就職先の案件の情報にとても詳しいですから、 自分で求人票を頼りに就職活動するよりよっぽど効率的です。

 

確かに、転職エージェントなんて聞くと堅苦しくて抵抗があるかもしれません。

しかし、 求人情報から無作為に選んで当たりかどうか分からない会社に応募し続けるよりよっぽど苦労が少ないです。

 

転職サイト・転職エージェント・IT就活プログミングスクール塾を選んだ理由

f:id:einginner-carry:20170804194342j:plain

ぼくは25歳フリーターから未経験でどうにか就職することができました。

 

当時は本当に肩身も狭くて、親の目も辛くて、友達は働いているし辛いことだらけのなかにいました。

 

その苦しい過程で今回お伝えしている転職サイト・転職エージェント・IT就活塾なら、未経験からでもITエンジニア・プログラマーなどの技術者として新しく働き始めるための準備をできると経験からお伝えできます。

 

今回、このサイトを作ったのも、未経験から真面目にプログラマーを目指す人がブラック企業にハマらないようにして欲しいと思ったからです。

 

もう一度言いますが、恵○○駅近くのとあるSES系のブラック企業が、僕が始めて出会ったブラック企業で、本当にどうしようもない人たちでした。

 

どうにか僕は免れましたが、求人サイト普通にあんなブラックがいるのかと不安になったくらいです。あんな思いはしたくないですし、あなたにもして欲しくありません。

 

だからこそ、あなたには良い企業でプログラマーになってもらいたいと本当に思っています。

 

第1位 未経験者20代〜30代の正社員プログラマー就職・転職率 No1 :WorkPort

f:id:einginner-carry:20170804230240p:plain

未経験だけど、プログラマー職で働いてみたいと感じているなら、僕も利用したことのあるWorkportがお勧めです。

 

25歳で未経験で就職活動もまともにしてこなかった僕が、エンジニア職として正社員採用できたのもWorkportの転職アドバイザーが親身になってくれたからです。

 

当時の僕は正社員採用にこだわっていたので、Workportのオフィスに行ってみて真剣に転職アドバイザーの人に話を聞きました。

 

そこで、未経験でもエンジニアのいる企業を紹介してくれるWORKPORT に登録をして、オフィスで真剣に面談をしてから、志望している企業面接に臨みました。

 

もし就職・転職で迷っている未経験の方ならWORKPORTで正社員就職・転職してみて下さい。

f:id:einginner-carry:20170916185435p:plain

 

また、Workportでは「横浜名古屋福岡大阪TECH大阪」の地方にて就職・転職希望の人たちに対して就職支援を行なってくれているので、是非近くのWorkportを利用してみてください。

 

第2位 フリーター・ニートプログラマー就職/転職率No1 : 就職shop

f:id:einginner-carry:20170920203511p:plain

フリーター、ニート、中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なしでも、書類選考がなく、履歴書で落とされることない。

学歴や資格じゃなく、人柄や意欲を評価するIT企業に正社員就職できる就職Shopです。

 

僕が24歳で初めてプログラマーを目指した時に利用した就職エージェントで、低学歴(千葉の私立大学)卒業でも、プログラマーとしての能力を磨ける良い企業を詳しく取材した形で紹介してくれます。

 

就職shopは、ほかの求人サイトと違って良いIT企業を転職エージェントが直接教えてくれます。

出会える企業も研修(最低でも1ヶ月は行う)もしっかりしていて、ブラック企業で働きだすということがありません。

 

正社員採用が良い。ブラック企業はいやだ。パワハラモラハラ・過労死なんてもってのほか。求人サイトは使いづらい。

 

そんな風に感じているなら、就職shopを1度は利用してみてくださいね。

f:id:einginner-carry:20170920204825p:plain

 

また、就職shopは「東京 新宿 銀座 西東京横浜千葉 埼玉 大阪神戸 京都」を中心に就職・転職支援を行なっています。

特に「東京・新宿・銀座・千葉・埼玉」と首都圏に住んでいて、未経験からプログラマー・SE・エンジニアを目指しているなら1度は就職shopは利用する価値があります。

 

第3位 未経験エンジニア就職率96.2%の無料ITスクールNo.1 :完全無料IT研修&就活塾 ProEngineer

f:id:einginner-carry:20170812164829p:plain

20代のフリーター・既卒第二新卒から未経験でエンジニアに挑戦したいなら、ITエンジニア専門の就職に特化した完全無料のIT研修&就活塾のPro Enginnerが利用してみてください。

 

f:id:einginner-carry:20170812165113p:plain

Pro Enginnerは全て無料で勉強ができるところが魅力です。

 

Pro Enginnerは様々な企業からの協賛金を土台に無料でスクール経営をしているので、お金を支払わずにキッチリ・本気で勉強する場所を確保できます。

 

f:id:einginner-carry:20170812165513p:plain

もし、途中で研修をやめてしまっても別途お金がかかるようなことはありません。

 

無料の体験面談でどんな風に勉強していくのか?

 

どんな企業で働くことができるのかなどをしっかり聞いてみてください。

Pro Enginnerで無料の体験面談をしてみる

 

・Pro Enginnerにはどう無料体験面談するのか? 

①. Pro Enginnerで無料の体験面談するをクリックする。

 

②. Pro EnginnerのWebサイトに移動してます。

f:id:einginner-carry:20170812171512p:plain

その後、ちょっと聞いてみるの部分をクリックすると、登録後に無料の体験面談を行う日程を決めます。

 

Pro Enginnerに関して気になることをしっかりと聞いてみてください!

 

第4位 転職のサポートと丁寧さNo.1 :マイナビエージェント

f:id:einginner-carry:20170802024702p:plain

転職・就職の人材系最大手のマイナビが運営する転職エージェント「マイナビエージェント」

 

転職求人サイトのマイナビ転職とは違って、転職エージェントが初めての転職をしっかりとサポートしてくれますし、一般的で普通な年収の企業を狙えます。

 

丁寧なサポートと多くの求人があるのが売りなので、綿密な転職サポートを受けてみて下さい。

 

特に未経験でもエンジニア・プログラマー職として正社員採用されるには、良い企業との接点を作ってくれる転職エージェントの繋がりは、極めて重要です。

 

僕自体、就職はWorkportで行いました。

 

でも、他にも良い企業がないかと気になっていたので、マイナビエージェントさんにも複数登録して、良い企業に転職できる確率を少しでも上げようと努力しました。

 

人材最大手の転職エージェントと就職・転職活動するならマイナビエージェント もお勧めです。 

「マイナビエージェントに登録する」

 

第5位 年収Upと充実のキャリアップ :DODAエージェント

f:id:einginner-carry:20170802031206p:plain

職務履歴書の書き方や自己PRや面接指導までしっかりサポートしてくれる「DODA」は、少し上位の年収高めな企業に受かりたいと感じているなら必須登録です。

 

勝つための職務履歴書の書き方を教えてくれるのは、転職時に実はすごく嬉しくて、受験とか就活の時のように履歴書作りに苦労はしたくない方は必見です。

 

こちらも丁寧で、少し上位な企業を狙いたいならぜひ利用して下さい。

 

最低でも2〜3つの転職エージェントと話す意味は極めて簡単です。

 

なぜなら、あなたにとって正しいと感じる転職エージェントと出会える確率を少しでも高められるからです。

 

いわば、転職エージェントとの出会いの数が、そのまま転職活動の成否に関わるので、業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービスにも合わせて登録してみて下さい。

「DODAエージェントサービスに登録する」

 

第6位 : 親身な相談と手厚いサポートNo.1 :パソナキャリア

f:id:einginner-carry:20170809161756p:plain

パソナキャリアは親身な相談と手厚いサポートをしてくれる未経験からの転職者には嬉しい転職エージェントです。

 

WorkportやDODAマイナビより大手でない分だけ、あなたにとって最高の転職につながる提案を絶えずしてくれますし、転職をする上でのこちらの意図をよく理解してくれる事に務めてくれます。

 

転職は常にいつ働き始められるのかと、気持ちが落ち込むことがあります。

 

もし、始めての転職に不安を感じているような、パソナキャリアから未経験のエンジニア転職を始めてみてはいかがでしょうか?

「パソナキャリアに登録する」

 

第7位 地方在住の中卒/高卒ITエンジニア・SE内定率、既卒 / 未経験からの転職成功率No.1 :ハタラクティブ

f:id:einginner-carry:20170804142036p:plain

既卒・未経験・第二新卒の転職希望者にはお勧めしたい転職サイトがハタラクティブです。

 

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を対象とした転職案件を豊富に持ち合わせていて、転職希望者に「自分発見カウンセリング」を通じてどの業界が良いのかなどを再発見できます。

 

転職したいけど、どうしてよいのか分からないと感じている人ほど、初めてはハタラクティブで転職の空気感や戦い方を体験してみて下さい。

 

転職は転職サイト・転職エージェントに登録しなければ始まりません。 

「ハタラクティブに登録する」

 

就職・転職活動は、転職エージェントを探すところから

就職・転職活動は転職エージェントを選ばないことには始まりません。

 

まずは自分が興味ある企業を見つけるために、転職エージェントを登録することから始めてみましょう。

 

実際に転職エージェントに登録して転職しないのも手段のひとつです。

 

どんな企業があるのか、社会勉強のつもりで就職・転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?

 

未経験プログラマー就職・転職おすすめランキング

f:id:einginner-carry:20170925074953p:plain

SPONSORED LINK

   

SPONSORED LINK