エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

「君は何で自発的に勉強してこなかったの?」勉強しないエンジニアは「職場環境」に殺されて、業務時間外に勉強しなきゃITエンジニア・プログラマー失格かも?過労死、就労疲労による死亡もあるかも...

SPONSORED LINK

   

f:id:einginner-carry:20170804073420j:plain

こんにちは、25歳で未経験からエンジニア就職したエンエンです。

 

システムエンジニアプログラマーとして働いている時に「業務で技術力が身につかない・能力が向上しない生活に嫌気がする」なんてことありませんか?

 

中小企業や大企業であれ、日常業務で定量的に技術を身につけられない職場環境で働かなければならない人はたくさんいます。

 

しかし、自発的に勉強できないエンジニア・プログラマーは終わりかもしれません。

 

 

SPONSORED LINK

   

実務レベルのコードを土台にした技術力が身につかない

f:id:einginner-carry:20170804180721j:plain

新人SE(システムエンジニア)・中堅のエンジニア・中堅のプログラマーの場合、自発的に自らコーディングをする機会を多く得られなければ、技術的に成長することができません。

 

システムエンジニアとして配属先企業に常駐し、いつまでもサービス内容が変化せずにアプリ化もしない状況では、その常駐している間に技術的進歩が生じませんよね。

 

また、プログラマーなのに地方でプログラムコードの丸ばつゲームをしているだけなら、そのまま年齢を重ねていくだけの人生になってしまいます。

 

大手企業・一部上場の企業でも、コーディング以外の仕様書作りやリサーチ(調査)が多く、技術力を高めるならこの会社ではないということを理解しながら働いている人もいます。

 

 

これらの状況から問題となるのは、たった1つです。

 

それは、実務レベルのコーディングを日常業務で行うことができない環境に安住している点です。

 

 

1年程度なら常駐先のプロジェクトのイロハになれなければなりませんし、新人がいきなりシステムのコードを変えていたらそれはそれで大変な問題につながります。

 

また、ある程度大きな企業になってしまうと、外注のフリーランスに開発を任せて、自分は仕様書やリサーチだけになってしまうこともあるでしょう。

 

「でも、それでは圧倒的経験値の少なさから、どこかで技術的劣等感を抱く結果となってしまいませんか。」

 

外部の勉強会に参加しても、外部のエンジニアの使っている技術に対して理解が少なく、結果として話が合わない瞬間も多くなります。

 

すると、ただでさえ業務時間で技術力を磨く時間がないにも関わらず、業務時間外で勉強することをしないエンジニア・プログラマーになってしまいます。

 

勉強したい・学習したいけどなにもしない。なら終わり

f:id:einginner-carry:20170907091915j:plain

今の職場との関係性を気にしなければならない。

進行している現場での開発業務に差し支える可能性がある。

 

色々と考えるけど、なかなか答えがでない。

どうしたら良いのかわからない。

 

そんな状況をどう捉えるべきか?

 

 

エンジニア(技術者)として混乱していて、正しく考えることを諦めている

 

 

私はそう考えて良いと思います。

 

技術を勉強してもっと自分なり開発していきたい。

自発的に、業務時間外に色々な新しい技術に触れていたい、仕事では使わない。

 

けど、しない。何もしない。諦めている。

 

 

私としては、そうした瞬間があった方が、より技術者として努力する意識を持てるから良いと思います。

 

しかし、いつまでたってもそのままだと問題ですよね。

 

 

僕は何で自発的に勉強してこなかったのか?

 

 

後になってそんな風に考えるようなことがないように、いま、現状を改善する努力と行動が大事です。

 

過労死・就労疲労・残業代すら支払われないこと...ありませんか?

ドイツだと「過労死」は「karoshi/カローシ」と定義されていて、大した理解をされていない就労環境だそうです。

 

このTwitterでのつぶやきを見て「自発的に勉強もできず、毎日ただ仕事に追われて生きるだけの先に、過労死や就労疲労による鬱の発生」もあり得るなと感じました。

 

これは、僕の思い違いならいいんです。

 

ただ、勉強する時間がない。マネージャーが使えない。プロジェクトの製造工程がいつも大変で、ただ同じことの繰り返し。

 

これでも、今の仕事に誇りを持っていられるなら、働くべきだと思います。

 

 

しかし、本心から今の仕事に満足していますか?

人生はたった一度しかありません。

  

死ぬまで働く日本の若者 「karoshi」の問題

西垣迪世(みちよ)さんは、一人息子の和哉さんが新卒で日本の大手通信企業に就職したことを誇らしく思っていた。

和哉さんはコンピューターが大好きだった。競争の激しい日本の新卒採用市場で、素晴らしい就職先をつかんだように思われた。

だが調子がおかしくなり始めたのは、わずか2年後のことだった。

息子は私には忙しいと言いながらも、大丈夫だと話していた」と迪世さんは振り返る。「でも私の父の葬儀があって帰省した時、起きられなかった。『ちょっと寝かしてくれ』と言い、時間になっても『無理だ。今日悪いけどオカン寝かしてくれ。明日はちゃんと行くから』と言いました」。

西垣さんは後になって息子の同僚たちから、和哉さんが当時、昼夜休みなく働いていたことを知らされた。

 

いつも終電まで仕事をして、終電を逃すと会社の机に顔を突っ伏せて朝まで寝た。一番ひどい時には徹夜で翌日の夜10時まで、37時間連続勤務がありました

それからさらに2年後、和哉さんは薬の飲み過ぎで亡くなった。

27歳だった。日本で働きすぎによる死を意味する「karoshi」、過労死だと正式に認定された(訳注・英語の原文も「karoshi」と表記)。

 

これはBBC Japanで掲載された「過労死に関する記事の引用」です。 

 

 本当に過労死はあるのか?そんな風に感じてニュースを探したら、見つけました。

 

みなさんは本当に大丈夫ですか?

 

 

過労死してしまってからでは、すべてが遅いんです。

 

技術者として挑戦できるのは、20代〜30代まで 

f:id:einginner-carry:20170910082614j:plain
新卒から数年程度の20代・業務経験も積んだ30代までなら。新たな働き先を探すことは難しくありません。

 

転職サイト・転職エージェントを利用する企業が欲しがっているIT人材の多くは、伸びしろのある20代〜30代までだからです。

 

転職市場で新たな行動をしたいと少しでも考えているなら、今すぐにでも動き出す準備が必要ですね。

 

異業種のシステムエンジニア(SE)からWeb系へと転職する場合でも、なぜ勉強を自発的にしてこなかったのかと相手企業の転職担当者に聞かれるはずです。

 

これがまだ勉強をして挽回できるなら良いのです。

 

例えば、GitHubにサンプルコード以外のものがあるだけでもずいぶん少数派という話を採用側の人間とこの前話していて聞きました。

 

現状でGitHubにサンプル以外はPushしていなくて、就職、転職活動に苦戦しそうな人はツールなりライブラリなり作ってGitHubに公開すると良いです。

 

結論、自発的に勉強をするという技術者としての立場を明確に立証するものが必要だからこそ、数年先の未来を考えて、しっかりと技術的に進歩する自分を証明することを本当におすすめします。

 

 

もし、職場環境を変えてもっと技術を学びたい、挑戦したいと考えているなら、 まずは今からおすすめする転職、求人サイトを使ってみるところから始めてみてください。

 

新しく行動するには、良い準備が大事ですから。

 

第1位 46000人のエンジニアから選ばれた年収アップNo1 :レバテックキャリア

f:id:einginner-carry:20170830192504p:plain

46000人から選ばれたエンジニア・クリエイター転職専門エージェントで、カウンセリングから内定後までのお手続きを徹底したサポートで対応してくれます。

 

レバテックキャリアでは転職担当者が担当する企業にまで年間累計で3000回以上出向いていて、直接現場から情報を収集しているため、極秘のプロジェクトからピンポイントの専門職など多様な情報をご紹介することができます。

 

履歴書や職務経歴書も狙いたい企業に合わせて添削してくれるので、転職したいと考えるエンジニア・プログラマーなら利用しておくことをお勧めする転職エージェントです。

 

「レバテックキャリアに登録する」

 

第2位 総合力No.1の転職紹介実績 : マイナビITエージェント

f:id:einginner-carry:20170803143010p:plain

 マイナビエージェントでは、IT業界の業務経験があるキャリアアドバイザーが、エンジニア・プログラマーの転職を徹底的にサポートしてくれます。

 

国内最大級の転職支援実績を土台に「量よりも質のマイナビ」として、親和性の高い企業を転職をしたいあなたへお伝えしていきます。

 

特にマイナビエージェントの場合はご紹介できる案件のほぼ80%が非公開求人となり、大手からベンチャー企業まで気になる企業に面接を受けることが可能です。

 

「マイナビエージェントに登録する」

 

第3位 転職者満足度No.1 : DODA(ITエンジニア) 

f:id:einginner-carry:20170803143225p:plain

DODAの魅力は、キャリアアドバイザーが専任パートナーとして転職をサポートしてくれます。

 

もちろん通常の求人応募が可能なだけでなく、スカウトやヘッドハンティングなどのサービスもまとめて受けられます。

 

年収査定やキャリア診断などのサービスもあり、転職サービスがバランス良く用意されているのがDODAの強みです。

 

特に、DODAエージェントサービスの場合は転職エージェントから企業に「推薦状」を合わせて送ってくれるので、転職成功率が高まります。

 

「DODAエージェントサービスに登録する」

  

第4位 正社員・フリーランスのいいとこどりで年収アップ : MidWorks

f:id:einginner-carry:20170804123010p:plain

Midworksはあなたにマッチした働き方で、正社員並みの保障つきでエンジニアの独立をサポートするサービスです。

 

Midworksではクライアント様から直接案件を受注することができるので高待遇・高報酬の案件をご紹介することが可能です。

 

フリーランスだと心配することが多い保証面ですが、Midworksでは社員時同様、年金・賃金・支払継続・保険等を受けることができます。

 

f:id:einginner-carry:20170804123404p:plain

Midworksならではの特典もあるので、フリーランスエンジニアの方向も考えているなら合わせて登録することをお勧めします。

 

「Midworksの口コミをみて見る」

「Midworksに登録する」

 

第5位 大手企業・女性転職者満足度No.1 : パソナキャリア

f:id:einginner-carry:20170804162546p:plainパソナキャリアは人材派遣・再就職支援ビジネスで培った経験を活かし、幅広い年齢層の色々なボジションの求人情報を紹介できる転職エージェントです。

 

特にお勧めしたいのは、女性の転職希望者の方です。

 

パソナキャリアでは40年以上ずっと女性の人材マーケットに関して事業として注力しており、今でも女性の転職に対するノウハウや実績は業界随一です。管理職から事務職までいろんな職種で女性の転職をサポートしてくれるサービスです。

 

妊娠・出産などの大きな転機に、エンジニア(技術者)としてどうしたら良いのかを考えているなら、パソナキャリアはお勧めです。

 

「パソナキャリアに登録する」

 

第6位 月収100万超え・高収入No.1 : ポテパンフリーランス

f:id:einginner-carry:20170807124404p:plain

業界トップレベルの、フリーランスIT技術にも詳しいコンサルタントがサポートしているため、 初めてのフリーランスの方に多くご利用いただいています。 また、高額案件が多く、細やかな希望にもお応えいたしております。

 

フリーランスエンジニアとして「100万超えの高収入」を考えているなら、一つの方向性としてポテパンフリーランスを利用することをオススメします。

 

「ポテパンフリーランスに登録する」

 

転職活動は、転職エージェントを探すところから

転職活動は転職エージェントを選ばないことには始まりません。

 

まずは自分が興味ある企業を見つけるために、転職エージェントを登録することから始めてみましょう。

 

実際に転職エージェントに登録して転職しないのも手段のひとつです。

 

どんな企業があるのか、社会勉強のつもりで転職活動を始めてみてはどうでしょうか?

SPONSORED LINK