エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

未経験からIT企業でプログラマーに就職したい|大学生が大学を退学してIT系専門学校に通い、フリーターをしながらホワイトIT企業への就職活動/就活をするべきか?

f:id:einginner-carry:20171031194755j:plain

こんにちは、エンジニアエンジンのエンエンです。

 

プログラマーになりたいが、どうしたら良いのか?

 

初めて人生でやりたいことが見つかり、真剣にプログラマーとして働きたいから、方法を知りたい。

 

今回は、未経験からプログラマーになる方法をお伝えします。

 

 

1.専門学校(学費200万平均)に通う必要はない

f:id:einginner-carry:20170817103908j:plain

日本工学院・日本電子専門学校などに入学してから就職先をみつける準備をする専門学校に通うべきかどうか?

 

 

結論からいえば、高いお金を払ってまで、専門学校に通う必要はありません。

 

 

学習時間(最低でも2年)もかかりますし、学校に通っている間に、アルバイトをするなどして費用を捻出する必要もうまれてきます。

 

例えば、日本工学院の場合は「2年で150万円程度の学費」で、日本電子工学院の場合は「2年で200万円程度の学費」を支払う必要があります。

 

現状の年齢が20〜22歳で、かつ卒業時に25歳までに就職活動ができるのならまだ希望もあります。

ただ、25歳以降の場合は年齢的に辛く、また挑戦できる企業の質も落とす必要が生まれます。

 

27〜28歳の実務経験、社会人経験のない未経験の学生よりも、若い20代前半の就職希望者を採用する傾向も強いです。

 

ですので、

 

・20〜22歳なら、どうにかしてお金を集めて専門学校に通ってみる

・25歳以降なら、専門学校以外の道を探してみる

 

ことが妥当です。

 

 

しかし、本音を言えば「専門学校以外の選択」をすることが、お金も時間も節約できて、良い経験を得られる方法です。

 

2.『有料』の就職保証型のプログラミングスクールは、約40%の人たちが脱落する

f:id:einginner-carry:20170819105936j:plain

プログラマーに手っ取り早くなるためには、正直、IT系スクールに通うのが一番です。

 

スクールの受講料金は安くなく、むしろ高いですが、そこでしっかり学習してしまえばほぼ確実にプログラマーになれます。

 

でも、どんなに意気込んで「プログラマー」という気概があっても、学習を継続できなければ、プログラマーにはなれません。

 

実際にスクールに通っていた友人の話では、スクールに通い始めた人の約3~4割くらいの人は、勉強が続かずに脱落します。

 

 

数十万の高い受講料を払っているにもかかわらずです。

 

 

実際、スクールに通い出しても途中で辞める人が多いんです。

 

 

この事実から言えることは「お金を払ってまでプログラマーになりたい人でも、途中で脱落する可能性がある」ということ。

 

だからこそ本当にエンジニアになりたければ「辞めない、諦めない」ことが重要です。

 

ここで知っておいてもらいたいことは、有料のプログラミングスクールを利用していても、全員が就職までゴールできるわけではなく、IT業界に未経験から就職できるのは「ITに対して適正」があった人だけということです。

 

IT業界に対する気持ちがあるかどうか?ただそれだけなんです。

 

3. プログラミングスクールで「プログラマー適正」を知るべし

f:id:einginner-carry:20171028221036j:plain

IT系の専門学校に通うべきか?

 

プログラミングスクールにお金を払って通うべきか?

 

どの道を選んだとしても「とてつもないお金がかかる可能性」があることは明白です。

なら、無料のプログラミングスクールに通学する。もしくは、スクール説明会に参加すべきです。

 

いま、不安じゃありませんか?

 

将来をどうしようか?本当に成功するのか?

プログラマーになれるのか?

どうやって勉強したら、ブラックIT企業に入らなくて良いのか?

技術職として、しっかりと経験を積んで成長できるのか?

お金どうしよう...。両親をどうやって説得しよう。

友達と違うけど、似たような経験をしている人っていないだろうか?

 

 

これ、僕がプログラマーになろうとした時に感じた不安です。

 

わからないことだらけだし、どうして良いのか全く未知で、不安でしょうがない。

両親にも友達にも学校の先生にも相談すらできない。

 

解決できない問題だらけで、回答も全然想像できない。

 

そんな状況だからこそ『誰かに助けを求めて、質問することが大事』なんだと僕は、経験から感じます。

 

4. IT業界への就職に詳しい人間に、助言(アドバイス)をもらう・質問をしてみる 

f:id:einginner-carry:20171031192737p:plain

特におすすめしたいのが、WebCampの無料体験会です。

 

WebCampには僕も通学していた時期があり、基礎からプログラミングのイロハを叩き込んだ懐かしい場所でもあります。

 

f:id:einginner-carry:20171031193215p:plain

学生割引も用意されていますが、それはまだ先の話。

 

WebCampが用意している無料体験会で、どうやってプログラマーになるべきかをしっかりと質問したり、意見をぶつけたりしてみてください。

 

f:id:einginner-carry:20171031193424p:plain

実際、お金を払ってスクールに通う場合でも、パソコンを持っていなくても問題ないですし、紹介を受けてさらに割引をしてもらうことも可能です。

 

インターン先・就職先のサポートも豊富

f:id:einginner-carry:20171031193607p:plain

WebCampは、プログラマー・エンジニアとしてのキャリアを形成するための最初の一歩を踏み出すための場所です。

 

もし、今疑問があったり、どうして良いのかわからないならWebCampの無料体験会を受けてみてくださいね。

f:id:einginner-carry:20171031194327p:plain