エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

未経験エンジニア就職・転職したい人向けの「求人情報」と「ホームページ」から分かるブラック企業の見分け方

f:id:einginner-carry:20170813104836j:plain

こんにちは、25歳で未経験からエンジニア就職したエンエンです。

 

私は心のそこから本当にブラック企業が大嫌いです。

 

なので、今回は、未経験エンジニア就職・転職したい人向けの「求人情報」と「ホームページ」から分かるブラック企業の見分け方をお伝えします。

 

 

SPONSORED LINK

   

1. 未経験エンジニアが知るべきブラック企業とはなにか?

f:id:einginner-carry:20170804120344j:plain

未経験からエンジニア就職・転職を希望している時に最初に知るべきは、SES契約(システムエンジニアリングサービス契約) を利用した労働搾取を行うブラックIT企業が多く存在している点です。

 

SES契約を通じて、未経験で全くプログラミングもコーディングもしたことがないけど人が足らないという理由なだけの大規模開発プロジェクトにぶち込まれる可能性もあることを知っておいてください。

 

特に、ブラック企業は残業時間が長すぎて帰る時間が深夜過ぎの場合が多く、休日出勤が当たり前だったりすることもあるので、本当に注意が必要です。

 

ブラック企業にはまともな企業倫理なんか存在しないですから、若い20代〜30代の三経験人材を利用し尽くしてお金を稼ぐことしか考えていません。

 

ブラック企業は悪の根源で、社会に存在してはいけないです。

 

未経験からエンジニア就職・転職する時はこの事だけを大切にすることを忘れないようにしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

   

2. ブラックIT企業は求人情報がヤバい!

f:id:einginner-carry:20170803160400j:plain

ブラックIT企業は少し読み解くだけでおかしなところが多い傾向にありますから、危ないと感じたらすぐに逃げ出すようにすることをおすすめします。

 

まず求人情報からブラック企業を見極めるポイントを紹介します。 

 

① 若い会社で「社長」がおかしな奴だったら行くべきではない

これは僕が恵○○あたりでおかしなブラック企業に出会った時の経験談です。

 

2〜5年程度の若い企業に面接を受けにいく場合は、まずは求人先の代表取締役がどんな人なのかを確認してみてください。

 

ツーブロックの変な頭の人だったり、海外旅行にばかり行っているようないつ働いているのか分からないやつだったら言うまでもなく危険信号です。

 

特に、若い世代が大活躍しているから君もいつでもコアメンバーに!

 

弊社はいつまでもスタートアップだから積極的に働いてくれる人を探している!

 

などと書いてあったら、ありえないレベルで働かなければならないですから、注意した方が良いです。

 

また、中核メンバーと自称する人たちが異様に疲れていたり、妙に馴れ馴れしかったら

社内教育が行き届かない企業なので、こちらからお断りしておきましょう。

 

② 働きやすい明るい職場・学歴/性別/年齢/経験不問の企業・給与が書いていない

求人情報が書いてある欄に、以下の事が書いてあったら危ない兆候です。

 

・弊社は働きやすく、いつも明るい職場で和気あいあいとしています

・学歴 / 性別 / 年齢 / 経験不問でいつでも働き始められます

 

また、求人票に「給与のこと」が書いていない場合は、本当にやめておいてください。

 

普通の企業ではありえないことなので、記載漏れかな?と勘ぐる前に今すぐ他の企業を受ける準備をした方が懸命です。 

 

③ いつまでも募集をし続けている会社

10年以上存続しているIT企業であっても、年中募集をかけ続けているIT企業は本当に多いです。

 

もし、行ってみたいと感じた企業が危ない企業かどうかを求人票から読み解きたいなら、色々な転職サイト・求人サイトでその企業名を検索してみてください。

 

どのサイトでも企業名が出てくるということは、募集をしているけど人材がほぼ寄り付かない企業だということの証拠です。

 

SPONSORED LINK

   

3. ホームページから怪しい企業を読み解く

f:id:einginner-carry:20170805171431j:plain

企業のホームページはいわば会社の顔です。

 

ホームページから見て仕事をしているようには見えない変なやつがいたりしたら、怪しい会社だと考えましょう。

 

① どんな事業をしているのか分からない。よく分からないHP

HP(ホームページ)を見てみると、パッとおしゃれで若い人が大活躍していそうな企業HPや、中堅どころの結構いい感じに開発をしているようで、結局どんなプロダクトを開発しているのか分からないHPのIT企業はたくさんあります。

 

何をしているのかが明示的でなく、分からない企業は本当に危ないです。

 

大抵はSES事業をしていて、あとは細かな仕事をしているだけの企業な可能性が多いですし、受託と言っても表立って言えるほどの案件をこなしていない可能性があります。

 

その企業それ自体に技術力・開発力があれば、自ずとサービスはでてきますし、表立って分かりやすく伝えるものです。 

 

② 若い人の写真ばかりの会社

これも新興企業、ベンチャー企業に多いんです。

 

若い男女がさわやかな笑顔で働く姿の写真が多いホームページ。 ホームページに明るい印象、楽しい雰囲気を全面的に出している企業は職場が明るくない可能性が高いです。

 

理由は求人票の「働きやすい職場です」と言ってるのと同じ。本当に明るい職場なら無駄に明るく働く人の写真ばかり載せません。

 

採用情報に、 「私達と一緒に楽しく働きませんか?」 のような文言があると、本当に怖いです・・・。

 

SPONSORED LINK

   

③ HP(ホームページ)を持っていない企業

この場合、必ずしも危ういとは言えません。

 

というのも先述したように企業によってホームページに対する考え方、意識は違うからです。

 

確かに今時ウェブで集客しないのはどうかと思いますが、そもそも地域密着型ビジネスであったり、固定顧客で安定収入がある会社の場合、必要以上に集客しなくても良いとする会社あります。

 

そういった企業は凝ったホームページを構える必要がないので地方だとそこそこ安定している会社でも検索してもホームページがない企業はたくさんあります。

 

もちろん業種にもよりますが、そもそもホームページがないと情報も得ることが出来ないので私は避けるようにしています。

 

SPONSORED LINK

   

4. その他の見分け方と面接時の対策方法

f:id:einginner-carry:20170811072026j:plain

その他、下記の方法でブラック企業でないかどうか見極めることが出来ます。

 

・近くまで見に行って夜間の消灯時間を確認

・小売、サービス業なら実際に利用してみる

・説明会、見学会等があれば参加する

・面接での様子で見極める

 

等があります。これらは自分で動いて目で確認する必要がありますがその分信ぴょう性が高いです。勤務時間が17時までなのに夜間22時過ぎても事務所の電気がついていればアウトです。間違いなく誰かが残業しています。

 

後、実際に話す面接相手で入社するべきかどうかを決めることは正しいと思います。

 

面接相手はおそらく入社すると上司になります。

 

普通聞かないような込み入った家庭の事情等を聞く人、こちらの回答に対して否定ばかりする人、圧迫面接てきなやり方の人等々・・・

 

将来この人と仕事するの嫌だなあと思う会社は絶対避けましょう。

 

採用が決まっても辞退するべきです。じゃないと後悔することになりますよ・・・?

 

5. 可能なら、エンジニア未経験向けの転職支援会社を利用しよう

IT業界のエンジニアは常に求められている希少な人材である一方で、なぜか企業と転職希望者がマッチングせず、未経験の人がブラック企業に出会ってしまう可能性が高いです。

 

そこで、転職希望者の人たちに対して無料で転職支援をする会社がたくさんあるので、利用してみてはいかがでしょうか?

 

自分の力では中々成功しない未経験からの転職も、プロの転職支援をしてくれる人が身近にいて、転職先企業の選定・履歴書・職務経歴書の書き方・面接の練習をしてくれるので、成功確率がグンと伸びます。

 

特に、ひとりで不安で転職活動をしていた時とは全然違うものになるはずです。

 

僕の経験からお伝えすると、転職エージェントは最低でも3〜5つは登録をしておくとはやく就職・転職できるという事です。

 

転職エージェントによる相性もありますし、今のうちにサクッと登録しておくことをおすすめします。

 

第1位 未経験者20代〜30代のエンジニア就職・転職率 No1 :WorkPort

f:id:einginner-carry:20170804230240p:plain

未経験だけど、エンジニア・プログラマー職で働いてみたいと感じているなら、僕も利用したことのあるWorkportがお勧めです。

 

25歳で未経験で就職活動もまともにしてこなかった僕が、エンジニア職として正社員採用できたのもWorkportの転職アドバイザーが親身になってくれたからです。

 

当時の僕は正社員採用にこだわっていたので、Workportのオフィスに行ってみて真剣に転職アドバイザーの人に話を聞きました。

 

そこで、未経験でもエンジニアのいる企業を紹介してくれるWORKPORT に登録をして、オフィスで真剣に面談をしてから、志望している企業面接に臨みました。

 

もし就職・転職で迷っている未経験の方ならWORKPORTで正社員就職・転職してみて下さい。

 

「Workportに登録する」

 

また、Workportでは「横浜名古屋福岡大阪TECH大阪」の地方にて就職・転職希望の人たちに対して就職支援を行なってくれているので、是非近くのWorkportを利用してみてください。

 

第2位 転職のサポートと丁寧さNo.1 :マイナビエージェント

f:id:einginner-carry:20170802024702p:plain

転職・就職の人材系最大手のマイナビが運営する転職エージェント「マイナビエージェント」

 

転職求人サイトのマイナビ転職とは違って、転職エージェントが初めての転職をしっかりとサポートしてくれますし、一般的で普通な年収の企業を狙えます。

 

丁寧なサポートと多くの求人があるのが売りなので、綿密な転職サポートを受けてみて下さい。

 

特に未経験でもエンジニア・プログラマー職として正社員採用されるには、良い企業との接点を作ってくれる転職エージェントの繋がりは、極めて重要です。

 

僕は転職自体Workportで行いました。

 

でも、他にも良い企業がないかと気になっていたので、マイナビエージェントさんにも複数登録して、良い企業に転職できる確率を少しでも上げようと努力しました。

 

人材最大手の転職エージェントと就職・転職活動するならマイナビエージェント もお勧めです。

 

「マイナビエージェントに登録する」

 

第3位 年収Upと充実のキャリアップ :DODAエージェント

f:id:einginner-carry:20170802031206p:plain

職務履歴書の書き方や自己PRや面接指導までしっかりサポートしてくれる「DODA」は、少し上位の年収高めな企業に受かりたいと感じているなら必須登録です。

 

勝つための職務履歴書の書き方を教えてくれるのは、転職時に実はすごく嬉しくて、受験とか就活の時のように履歴書作りに苦労はしたくない方は必見です。

 

こちらも丁寧で、少し上位な企業を狙いたいならぜひ利用して下さい。

 

どんな履歴書を書けば良いのか今のうちに教えてもらうだけでもお得ですよね。

 

転職エージェントとの出会いの数が、そのまま転職活動の成否に関わるので、業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービスにも合わせて登録してみて下さい。

 

「DODAエージェントサービスに登録する」

 

第4位 : 既卒 / 未経験からの転職成功率No.1 : ハタラクティブ

f:id:einginner-carry:20170804142036p:plain

既卒・未経験・第二新卒の転職希望者にはお勧めしたい転職サイトがハタラクティブです。

 

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を対象とした転職案件を豊富に持ち合わせていて、転職希望者に「自分発見カウンセリング」を通じてどの業界が良いのかなどを再発見できます。

 

転職したいけど、どうしてよいのか分からないと感じている人ほど、初めてはハタラクティブで転職の空気感や戦い方を体験してみて下さい。

 

転職は転職サイト・転職エージェントに登録しなければ始まりません。 

 

「ハタラクティブに登録する」

SPONSORED LINK