エンジニア☆エンジン

プログラマー未経験、エンジニア未経験からIT業界に就職、転職する方法を伝えます

ブラック回避!未経験からエンジニア・プログラマー・IT業界の良い企業/会社に正社員入社する就職・転職活動方法

f:id:einginner-carry:20170807103448j:plain

こんにちは、エンエンです。

 

未経験でIT業界に就職・転職したい。

 

けれど、ブラックなIT企業、会社には絶対に死んでも入社したくなんかない。

 

そう考えるのは当たり前。なのに正しい情報って見つからないですよね?

 

この記事に辿りついたあなたに、僕の体験談から「未経験からエンジニア・プログラマー・IT業界の良い企業/会社に入社する就職・転職できるのか」をお伝えしていきたいと思います。

 

 

ブラックなIT企業、会社に自分から入社しないこと

IT業界を未経験から目指す時に最初に考えることが「ブラック企業(劣悪な労働を強いる会社)」に出会わないかです。

 

加えて、異常な労働環境で単なる道具のようにあなたを使いたおすダメな会社に出会わないようにもしたいところですよね。

 

それでは、どう解決して行くのか、順序立ててお伝えしていきますね。

 

1.未経験からエンジニアを目指すなら「ハローワーク」は避けておく

f:id:einginner-carry:20170822171403j:plain

未経験からの就職・転職を考える時にハローワークを選んだ方が良いと思われる方も多いと思います

ですが、 はっきり言ってハローワークを使った就職活動は、おすすめ出来ません。

 

理由は簡単で、2つあります。

 

ハローワークの求人情報からでは読み取れない情報が多すぎる点と、

ハローワークの求人票に虚偽の記載をしているパターンが多い点です。

 

実際に、弁護士ドットコムと呼ばれる日本最大級の弁護士検索・法律相談サイトでも、次のような記事があります。

 

・ハローワーク「求人情報」が実際と全然違うことが判明! どうすればいい?

・ウソで人を集める「ブラック求人」を排除せよ! ハロワでは「求人を下回る労働条件」を禁じる取り組みも...。

 

例えば、宮城県の男性(20代)は、とある求人広告に目を奪われた。勤務地は自宅のある大崎市内、仕事は自動車整備全般・タイヤ販売、待遇は正社員というものだった。  

 

とのことですが、実際の仕事は派遣社員の管理と営業だった。自動車とは無関係の業務だったのです。

 

このようなかなり質の悪い求人情報がハローワークには多く存在しているので、 正直言って、職が全然見つからない人以外は利用しないほうが良いです。

 

ハローワークは国営ですが、お役所仕事の質が悪いのはご存知の通りです。

 

もちろん、中には良い企業もあるのでしょうが、 他にも就職するなら優良な 民間求人サイトやコンサルティングなど沢山ありますので、 わざわざハローワークのお世話になる必要はあまり無いと言えるでしょう。

 

1.5.良い求人をサクッと見つけられると思いこまない 

僕の体験談として、注意しておいて欲しいことをここでは書いておきますね。

 

indeed・findjob・ハローワークGoogle検索をすると検索上位にある求人サイトを利用して、良いIT企業に入社したいと考える人は多いと思います。

 

ただ、なぜかほんの少しの企業に面接を受けるだけで、良い企業に巡り会えると思い込んでしまっている人が多い点が極めて問題なんです。

 

本音で言えば、求人サイトの8割はブラック企業で、人手不足だからわざわざ求人サイトにお金を払ってまで求人票を出していると僕は感じています。

 

これくらいの考えで求人サイトを利用しないと、すぐにブラックIT企業に出会って、ブラックなことが当たり前な会社で働くことになりますよね。

 

良い企業に出会うのはすごく大変なことなんだ。

 

そう考えて行動すれば、求人サイトを利用した場合でも変なブラックIT企業に引っかかる可能性が低くなります。

 

自分なら大丈夫。その考えが落とし穴だったと僕の経験からお伝えできることです。

 

2.仕事の忙しさの具合を面接で確認すること

f:id:einginner-carry:20170817034458j:plain

IT業界で就職活動を行う上では、 面接時にしっかりと残業の有無や休日出勤の有無を会社に確認することです。

 

これを絶対に怠ってはいけません。

 

必ず確認するようにしてください。

 

このような事を書くと面接時に聞くのは怖いとか、 面接時の印象が悪くなったりしないだろうか?とか、 熱意が見られないと思われるだろうか? と、思われるかもしれませんがそれは大きな間違いです。

 

何故なら、まともな会社であればちゃんと答えてくれるからです。

 

直球で残業時間の長さを聞く事が怖いなら、 「御社でも忙しい時期と忙しくない時期があると思いますが、 忙しい時期はどの程度忙しいですか?」 と、遠回しに確認してみるのも効果的です。

 

労働時間の長さを確認するのは当たり前の事です。

 

残業の有無を確認しただけで 印象が悪くなったり熱意が無いとか見られるぐらいなら、 まともな会社とは言えません。

 

そんな会社は入社しないほうがよっぽどましです!

 

ただでさえ残業が多いと言われる業界だからここはしっかり確認しましょう。

 

ごく一般的な会社であれば、 会社が比較的忙しい時期や比較的暇な時期を教えてくれます。

 

私も面接の時に「残業はどれだけあるのですか?」と質問しましたが、 「毎年12月や3月は忙しくてなかなか帰れない日もあるけど、 4月、5月、6月、7月は忙しくなくて定時で帰ってる人も多い。 休日出勤はほとんどないよ」と回答をもらえる事がありました。

 

実際に内定を頂いてから入社するとその通りでしたし、 別にマイナスに見られたことはありません。

 

一番ダメなケースは内定が欲しいがために 「仕事であれば何時間でも働きます!」とか「忙しいのは承知の上です」 と、言ってしまうことです。

 

早く内定が欲しい気持ちは分かりますが、IT業界はブラックな会社が多いので、 下手をするとブラック会社に入社することになってしまいます。

 

確認を怠ると、本当に一生後悔することになりますので注意してください。

 

私も過去に一度上記の事をやってしまい、 2年で会社を辞めることになってしまいました。 仕事の忙しさの具合を確認することはとても大事です

 

3.良い求人を見つけるなら、この探し方が重要

f:id:einginner-carry:20170812141622j:plain

例えば、プログラマーとして未経験から就職することを前提とする場合、正社員なのに派遣先企業で働かされたり、プロジェクト(現場)ごとに毎回違う上司にあーだこーだ言われない職場をめざすことが大事なんです。

 

そのため、プログラマーとして就職するのであれば・・・。

 

・自社製品(自社パッケージ)を開発している会社

・受託開発(請負開発)を行っている会社

 

いずれかの条件に当てはまる会社を選ぶ事が大事です。

 

自社開発や受託開発(請負開発)の仕事は自社で行いますから、 正社員で入社したのに派遣で飛ばされるということはありませんし、 自社開発や受託開発(請負開発)を行っている会社は技術力がある会社なので「まとも」である可能性が高いです。

 

逆に言うなら自社開発や受託開発(請負開発)が出来ない会社は、レベルが低く派遣することしか能がない会社です。

 

派遣しかしていないので自社にノウハウが蓄積されない会社ですので将来性も暗いです。 忙しい割に儲からない会社の確率が非常に高いので気を付けてくださいね。

 

そのため、なるべく・・・

 

・自社製品(自社パッケージ)を開発している会社

・受託開発(請負開発)を行っている会社

 

を、選ぶことが大事になってくるわけですね。

 

そうでなければいろんな会社をたらい回しにされる派遣プログラマーになってしまい、 将来のキャリアアップが難しくなりますので注意してください。 

 

4.未経験から求人を探す方法は限られている

f:id:einginner-carry:20170817034458j:plain

未経験からのIT企業、会社の求人を獲得する方法は大まかに言って、次の4つです。

 

ハローワークで職員から企業を紹介

・求人サイトで自ら企業を探す

・転職サイトで非公開求人がない中で自ら企業を探す

・転職エージェントに自分に適した企業を探してもらい、就職、転職のお手伝いも合わせて行ってもらう

 

自分の力だけで、良いIT企業、会社を見つけて面接を受けて合格する。

 

その理想的な行動ができると僕も未経験からの就職活動を始める前は考えていました。

 

けれど、恵比寿駅近くのとあるSES系のブラック企業が、僕が始めて出会ったブラック企業で、いわゆるエンジニア派遣系で儲けている若いIT企業でした。

 

どうにか僕は免れましたが、求人サイト普通にあんなブラックがいるのかと不安になったくらいです。あんな思いはしたくないし、あなたにも出会ってほしくはありません。

 

可能なら、利用できるものは全て利用してください。

 

勢いで良い企業に出会うまで就職、転職活動をし続ける。

 

それで良いなら止めませんが、正直効率も悪く、可能性も低く、良い会社にいつ出会えるのかもわかりません。

 

変な企業に出会ってから、面接の帰りに駅前で辛すぎて立ちすくんで泣いたこともあります。

でも、周りの人は誰も助けてはくれません。

 

この記事を読んでいるあなただけでも、良い方向へと行動できるように本当に願っています。

 

5.IT業界に詳しい人にアドバイス(助言)を受けること

f:id:einginner-carry:20170812091501j:plain

IT業界に詳しい人にアドバイスを受けながら転職・就職活動することは極めて有効なのでおすすめです。

 

具体的に言えば、転職エージェント(就職・転職に関する支援をしてくれる企業)を受けることですね。

 

転職エージェントを利用すれば、以下のメリットを得られます。

 

① あなたの希望する働き方にマッチした就職案件をピンポイントで紹介して貰える

② 面接では直接聞きづらい事を就職コンサルの方を通じて伝えて貰える

③ 企業とのやりとりを代役してくれる

④ 求人サイトには決して公開されていない非公開求人の情報が手に入る

⑤ 就職後の職場環境に問題ないか?のアフターフォローもある

 

このような恩恵を受ける事ができますし、無料で利用できます。

 

転職エージェントは就職先の案件の情報にとても詳しいですから、 自分で求人票を頼りに就職活動するよりよっぽど効率的です。

 

確かに、転職エージェントとと聞くと堅苦しくて抵抗があるかもしれませんが、 求人情報から無作為に選んで当たりかどうか分からない会社に応募し続けるよりよっぽど苦労が少ないです。

 

この7つの転職サイト・転職エージェント・IT就活塾を選んだ理由

f:id:einginner-carry:20170804194342j:plain

ぼくは25歳フリーターから未経験でどうにか就職することができました。

 

当時は本当に肩身も狭くて、親の目も辛くて、友達は働いているし辛いことだらけのなかにいました。

 

その苦しい過程で今回お伝えしている転職サイト・転職エージェント・IT就活塾なら、未経験からでもITエンジニア・プログラマーなどの技術者として新しく働き始めるための準備をできると経験からお伝えできます。

 

今回、このサイトを作ったのも、未経験から真面目にエンジニアを目指す人がブラック企業にハマらないようにして欲しいと思ったからです。

 

もう一度言いますが、恵○○駅近くのとあるSES系のブラック企業が、僕が始めて出会ったブラック企業で、本当にどうしようもない人たちでした。

 

どうにか僕は免れましたが、求人サイト普通にあんなブラックがいるのかと不安になったくらいです。あんな思いはしたくないですし、あなたにもして欲しくありません。

 

だからこそ、あなたには良い企業でエンジニアになってもらいたいと本当に思っています。

 

未経験からの就職・転職活動ワンポイント

私は転職サイト・転職エージェントを利用する時は、毎回最低3社は登録していました。

 

転職エージェント担当者との合う合わないがありますし、自分の将来が決まる重要なタイミングなので、めんどくさがらずに絶対に複数登録しておくべきです。

 

面倒くさいという理由だけでわざわざ不利になる行動をする必要がないですよね。

 

良い優良IT企業との出会いの数が大事なので、複数登録して成功率を高めてください。

 

第1位 未経験者20代〜30代のエンジニア就職・転職率 No1 :WorkPort

f:id:einginner-carry:20170804230240p:plain

未経験だけど、エンジニア・プログラマー職で働いてみたいと感じているなら、僕も利用したことのあるWorkportがお勧めです。

 

25歳で未経験で就職活動もまともにしてこなかった僕が、エンジニア職として正社員採用できたのもWorkportの転職アドバイザーが親身になってくれたからです。

 

当時の僕は正社員採用にこだわっていたので、Workportのオフィスに行ってみて真剣に転職アドバイザーの人に話を聞きました。

 

そこで、未経験でもエンジニアのいる企業を紹介してくれるWORKPORT に登録をして、オフィスで真剣に面談をしてから、志望している企業面接に臨みました。

 

もし就職・転職で迷っている未経験の方ならWORKPORTで正社員就職・転職してみて下さい。

「Workportに登録する」

 

また、Workportでは「横浜名古屋福岡大阪TECH大阪」の地方にて就職・転職希望の人たちに対して就職支援を行なってくれているので、是非近くのWorkportを利用してみてください。

 

第2位 未経験エンジニア就職率96.2%の無料ITスクールNo.1 :完全無料IT研修&就活塾 ProEngineer

f:id:einginner-carry:20170812164829p:plain

20代の既卒第二新卒から未経験でエンジニアに挑戦したいなら、ITエンジニア専門の就職に特化した完全無料のIT研修&就活塾のPro Enginnerが利用してみてください。

 

f:id:einginner-carry:20170812165113p:plain

Pro Enginner(プロエンジニア)は、全て無料で勉強ができるところが魅力です。

 

Pro Enginnerは様々な企業からの協賛金を土台に無料でスクール経営をしているので、お金を支払わずにキッチリ・本気で勉強する場所を確保できます。

 

f:id:einginner-carry:20170812165513p:plain

もし、途中で研修をやめてしまっても、別途お金がかかるようなことはありません。

 

無料の体験面談でどんな風に勉強していくのか?

 

どんな企業で働くことができるのかなどをしっかり聞いてみてください。

Pro Enginnerで無料の体験面談をしてみる

 

・Pro Enginnerにはどう無料体験面談するのか? 

①. Pro Enginnerで無料の体験面談するをクリックする。

 

②. Pro EnginnerのWebサイトに移動してます。

f:id:einginner-carry:20170812171512p:plain

その後、ちょっと聞いてみるの部分をクリックすると、登録後に無料の体験面談を行う日程を決めます。

 

IT業界へしっかりと勉強をしてから行動をしたい。それならこのPro Enginner(プロエンジニア)をぜひ利用してくださいね。

Pro Enginnerの詳細を確認する

 

第3位 転職のサポートと丁寧さNo.1 :マイナビエージェント

f:id:einginner-carry:20170802024702p:plain

転職・就職の人材系最大手のマイナビが運営する転職エージェント「マイナビエージェント」

 

転職求人サイトのマイナビ転職とは違って、転職エージェントが初めての転職をしっかりとサポートしてくれますし、一般的で普通な年収の企業を狙えます。

 

丁寧なサポートと多くの求人があるのが売りなので、綿密な転職サポートを受けてみて下さい。

 

特に未経験でもエンジニア・プログラマー職として正社員採用されるには、良い企業との接点を作ってくれる転職エージェントの繋がりは、極めて重要です。

 

僕は転職自体Workportで行いました。

 

でも、他にも良い企業がないかと気になっていたので、マイナビエージェントさんにも複数登録して、良い企業に転職できる確率を少しでも上げようと努力しました。

 

人材最大手の転職エージェントと就職・転職活動するならマイナビエージェント もお勧めです。 

「マイナビエージェントに登録する」

 

第4位 年収Upと充実のキャリアップ :DODAエージェント

f:id:einginner-carry:20170802031206p:plain

職務履歴書の書き方や自己PRや面接指導までしっかりサポートしてくれる「DODA」は、少し上位の年収高めな企業に受かりたいと感じているなら必須登録です。

 

勝つための職務履歴書の書き方を教えてくれるのは、転職時に実はすごく嬉しくて、受験とか就活の時のように履歴書作りに苦労はしたくない方は必見です。

 

こちらも丁寧で、少し上位な企業を狙いたいならぜひ利用して下さい。

 

最低でも2〜3つの転職エージェントと話す意味は極めて簡単です。

 

なぜなら、あなたにとって正しいと感じる転職エージェントと出会える確率を少しでも高められるからです。

 

いわば、転職エージェントとの出会いの数が、そのまま転職活動の成否に関わるので、業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービスにも合わせて登録してみて下さい。

「DODAエージェントサービスに登録する」

 

第5位 : 親身な相談と手厚いサポートNo.1 :パソナキャリア

f:id:einginner-carry:20170809161756p:plain

パソナキャリアは親身な相談と手厚いサポートをしてくれる未経験からの転職者には嬉しい転職エージェントです。

 

WorkportやDODAマイナビより大手でない分だけ、あなたにとって最高の転職につながる提案を絶えずしてくれますし、転職をする上でのこちらの意図をよく理解してくれる事に務めてくれます。

 

転職は常にいつ働き始められるのかと、気持ちが落ち込むことがあります。

 

もし、始めての転職に不安を感じているような、パソナキャリアから未経験のエンジニア転職を始めてみてはいかがでしょうか?

「パソナキャリアに登録する」

 

第6位 20代第二新卒専門の転職率No.1 :マイナビジョブ20's

f:id:einginner-carry:20170809164338p:plain

マイナビジョブ20'sでは、一人一人の転職をしたい人に対して専任のキャリアアドバイザーが転職のサポートを行なってくれます。

 

特に20代の第二新卒に関しての転職サポート実績が最も強く、履歴書の書き方から20代前半から後半にかけての転職に関する悩み、それに対する解決策を多くもっています。

 

第二新卒として次のキャリアアップを目指したいなら、今すぐに登録しておきましょう。

「マイナビジョブ20'sに登録する」

第7位 既卒 / 未経験からの転職成功率No.1 :ハタラクティブ

f:id:einginner-carry:20170804142036p:plain

既卒・未経験・第二新卒の転職希望者にはお勧めしたい転職サイトがハタラクティブです。

 

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を対象とした転職案件を豊富に持ち合わせていて、転職希望者に「自分発見カウンセリング」を通じてどの業界が良いのかなどを再発見できます。

 

転職したいけど、どうしてよいのか分からないと感じている人ほど、初めてはハタラクティブで転職の空気感や戦い方を体験してみて下さい。

 

転職は転職サイト・転職エージェントに登録しなければ始まりません。 

「ハタラクティブに登録する」

 

就職・転職活動は、転職エージェントを探すところから

就職・転職活動は転職エージェントを選ばないことには始まりません。

 

まずは自分が興味ある企業を見つけるために、転職エージェントを登録することから始めてみましょう。

 

実際に転職エージェントに登録して転職しないのも手段のひとつです。

 

どんな企業があるのか、社会勉強のつもりで就職・転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?

 

SPONSORED LINK