エンジニア☆エンジン

未経験からのエンジニア転職・エンジニア就職を挑戦する人たちへ

資格なし、経験なしの未経験エンジニア転職はどうしたら良いのか?

f:id:einginner-carry:20170808174804j:plain

こんにちは、25歳で未経験からエンジニア就職したエンエンです。

 

資格なし、経験なしの未経験(業務経験がない)時にエンジニア転職はできるんでしょうか?

 

結論から言えば「未経験からのエンジニア転職に資格はいりません。

 

今回は、資格なし、経験なしの未経験エンジニア転職はどうしたら良いのか?という点からお伝えしていきます。

 

 

1. IT業界が求める人材は「資格ホルダー」ではない

結論からお伝えすれば、IT業界が求めるのは「基本情報技術者資格」「応用情報技術者資格」を独学で学んで資格取得する人ではありません。

 

インターン・アルバイト・大学の研究室の手伝い・友達とゲームを作った(C・C++)などの身近な開発経験を持っているかどうかです。

 

未経験(業務では開発したことがないレベル)ではあるけれど、今まで自らプログミラミング・コーディングした開発経験を持っているなら、あなたはIT業界とベストマッチングです。

 

反対に、プログラムにはほとんど触れずに知識だけあるような資格ホルダーではプロの開発現場では何もできない素人さんなので、未経験者を対象とした企業研修などに合格する必要があります。

 

その場合でも、やはり日頃からプログラムに触れているのか、コーディングをしてきたのか?

 

更に言えば、 Macのシークレットモードで色々なコードを読んだりして、少しでもコードに触れている姿勢が未経験エンジニア転職の時に高く評価されやすい傾向にあります。

 

2. 転職は、マーケット(市場)から考える

面接は、社会人にとっても初めて経験する試験勉強のようなものです。

 

でも、常に100点満点を取るための方法は存在していなくて、あるのはただ面接した相手企業があなたという未経験人材かを常に見極めようとしているだけです。

 

そのため学校の面接試験は評価基準に合致する模範的な回答が要求されますが、企業の面接試験ではその会社が求める人材であることをアピールすることが重要です。

 

常に転職はマーケット、つまり市場の需給によってしか決まりません。

 

エンジニアから未経験で転職するという前提なら、あるのはどこでも良いから開発経験を積む行動をとった、ある種勇気のある人間です。

 

転職をしてから何となく企業研修で覚えれば良い程度の軽い気持ちは、すぐに面接官から見抜かれますし、何十社も面接に落ち続ける事になります。

 

すると、Web系スクールにいくべきか?

 

それとも、未経験からエンジニアに就職も転職もできないのではないか?

 

なんて疑心暗鬼になって、行動できなくなってしまうと思います。

実際、僕は未経験からエンジニア転職した時はそんな感じのおちゃらけた転職活動ばかりして、100社近く面接を受けては落ち続けるという経験をしました。

 

それはもう、地獄ですよね。

 

3. 資格なし、経験なしの人が『転職』する方法

資格なし(意味なし)、経験なし(行動できない)、そんな人でも未経験でエンジニア転職をしてみたい気持ちだけは人一倍ある。

 

けれど、どうやって行動して良いのかが全然わからない。 

 

では、本当に何も持っていない人はどうしたらよいのか?

 

それは「何も持ってなくても良いからとにかく来てほしい」という企業の面接を受けることです。

 

人が入りたがらなくて離職率も高い飲食業界や介護職等です。そういう業界なら常に人手不足ですから何も持っていないフリーターでも就職出来る可能性は高いです。

 

でも、それが嫌なら? 

 

自分自身を磨いて、しっかりと能力を向上させる必要があります。

 

闇雲に就職試験を受けるくらいなら、何でも良いからIT業界に関することをしてみて下さい。

 

ただ、行動するだけで良いです。

 

そうするだけで、少しずつどうしたら良いのかが分かってきます。

 

4. エンジニア未経験向けの転職支援会社を利用しよう

IT業界のエンジニアは常に求められている希少な人材である一方で、なぜか企業と転職希望者がマッチングしない問題が存在します。

 

そこで、転職希望者の人たちに対して無料で転職支援をする会社がたくさんあるので、利用してみてはいかがでしょうか?

 

自分の力では中々成功しない未経験からの転職も、プロの転職支援をしてくれる人が身近にいて、転職先企業の選定・履歴書・職務経歴書の書き方・面接の練習をしてくれるので、成功確率がグンと伸びます。

 

特に、ひとりで不安で転職活動をしていた時とは全然違うものになるはずです。

 

僕の経験からお伝えすると、転職エージェントは最低でも3〜5つは登録をしておくとはやく就職・転職できるという事です。

 

転職エージェントによる相性もありますし、今のうちにサクッと登録しておくことをおすすめします。

 

第1位 未経験者20代〜30代のエンジニア就職・転職率 No1 :WorkPort

f:id:einginner-carry:20170804230240p:plain

未経験だけど、エンジニア・プログラマー職で働いてみたいと感じているなら、僕も利用したことのあるWorkportがお勧めです。

 

25歳で未経験で就職活動もまともにしてこなかった僕が、エンジニア職として正社員採用できたのもWorkportの転職アドバイザーが親身になってくれたからです。

 

当時の僕は正社員採用にこだわっていたので、Workportのオフィスに行ってみて真剣に転職アドバイザーの人に話を聞きました。

 

そこで、未経験でもエンジニアのいる企業を紹介してくれるWORKPORT に登録をして、オフィスで真剣に面談をしてから、志望している企業面接に臨みました。

 

もし就職・転職で迷っている未経験の方ならWORKPORTで正社員就職・転職してみて下さい。

 

「Workportに登録する」

 

第2位 転職のサポートと丁寧さNo.1 :マイナビエージェント

f:id:einginner-carry:20170802024702p:plain

転職・就職の人材系最大手のマイナビが運営する転職エージェント「マイナビエージェント」

 

転職求人サイトのマイナビ転職とは違って、転職エージェントが初めての転職をしっかりとサポートしてくれますし、一般的で普通な年収の企業を狙えます。

 

丁寧なサポートと多くの求人があるのが売りなので、綿密な転職サポートを受けてみて下さい。

 

特に未経験でもエンジニア・プログラマー職として正社員採用されるには、良い企業との接点を作ってくれる転職エージェントの繋がりは、極めて重要です。

 

僕は転職自体Workportで行いました。

 

でも、他にも良い企業がないかと気になっていたので、マイナビエージェントさんにも複数登録して、良い企業に転職できる確率を少しでも上げようと努力しました。

 

人材最大手の転職エージェントと就職・転職活動するならマイナビエージェント もお勧めです。

 

「マイナビエージェントに登録する」

 

第3位 年収Upと充実のキャリアップ :DODAエージェント

f:id:einginner-carry:20170802031206p:plain

職務履歴書の書き方や自己PRや面接指導までしっかりサポートしてくれる「DODA」は、少し上位の年収高めな企業に受かりたいと感じているなら必須登録です。

 

勝つための職務履歴書の書き方を教えてくれるのは、転職時に実はすごく嬉しくて、受験とか就活の時のように履歴書作りに苦労はしたくない方は必見です。

 

こちらも丁寧で、少し上位な企業を狙いたいならぜひ利用して下さい。

 

どんな履歴書を書けば良いのか今のうちに教えてもらうだけでもお得ですよね。

 

転職エージェントとの出会いの数が、そのまま転職活動の成否に関わるので、業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービスにも合わせて登録してみて下さい。

 

「DODAエージェントサービスに登録する」

 

第4位 : 既卒 / 未経験からの転職成功率No.1 : ハタラクティブ

f:id:einginner-carry:20170804142036p:plain

既卒・未経験・第二新卒の転職希望者にはお勧めしたい転職サイトがハタラクティブです。

 

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を対象とした転職案件を豊富に持ち合わせていて、転職希望者に「自分発見カウンセリング」を通じてどの業界が良いのかなどを再発見できます。

 

転職したいけど、どうしてよいのか分からないと感じている人ほど、初めてはハタラクティブで転職の空気感や戦い方を体験してみて下さい。

 

転職は転職サイト・転職エージェントに登録しなければ始まりません。 

 

「ハタラクティブに登録する」

 

5. 転職活動は、転職エージェントを探すところから

転職活動は転職エージェントを選ばないことには始まりません。

 

まずは自分が興味ある企業を見つけるために、転職エージェントを登録することから始めてみましょう。

 

実際に転職エージェントに登録して転職しないのも手段のひとつです。

 

どんな企業があるのか、社会勉強のつもりで転職活動を始めてみてはどうでしょうか?